さんまの内臓(はらわた)にも栄養はあるの?食べる時は虫に注意!?

                         さんまの画像

「焼きさんま」は、内臓を味わうのが通!

といわれますが、
なかなか苦手な方もいますよね。

 

実際、どんな栄養があるのか?
本当に食べる意味はあるの??

さんまの内臓についてあれこれ、
見て行きたいと思います。

 Sponsored Links


さんまの内臓やはらわたにも栄養はあるの?

日本ではとても馴染みが深く、
特に旬を迎える秋のさんまは格別ですね!

江戸時代中期以降から日本では食べられていて、
ポピュラーになりはじめたのは大正時代以降だそうです。

 

「内臓」”わた”とも呼ばれている部分は
独特な苦味があり好みが分かれますが、

さんまは胃袋がないため消化から排出までが早く、
えぐみが少ないので内臓も食べる事ができます。

 

栄養のほどは非常に高く、
アミノ酸ビタミンB2ビタミンAを含み、

精神安定や貧血予防、眼精疲労や
ガン予防にも効果があります。

他、良質なタンパク質や骨・歯の強化に欠かせない
カルシウムと吸収を助けるビタミンDも豊富です。

 

さらに内臓に含まれるレチノールは、
真皮のコラーゲンを増やす働きを持つ成分で、

肌の弾力を保ち、たるみやシワを予防する
働きがあるので積極的に摂りたいですね。

 Sponsored Links

さんまの内臓に赤いのは虫が!食べるのは危険?

さんまの内臓で育つ寄生虫に、
「ラジノリンクス」という寄生虫がいます。

赤色で、時にさんまの肛門から出ていることもあります。

「寄生虫」と聞くと、腹痛を起こしたりしないか
心配になりますがが、人体に影響はありません。

 

しかし、生でも加熱しても赤い色をし、
2~3センチもあるので視覚的にも
気持ちのよいものではありませんね。

内臓部分は包丁を入れて切り落としてしまうと
焼いているうちに美味しい脂が
抜け落ちてしまう事になるので、

まずはそのまま焼いて食べる際にチェックして、
箸で取り除くようにしましょう。

 

また、さんまの身体に頭を突っ込む形で寄生する
「サンマヒジキムシ」という黒色の寄生虫もいます。

大概、私たちが購入する際には
目にすることはあまりありませんが、

もし付いていても特に害はなく
引き抜いて取り除けば大丈夫です。

 

危険な寄生虫もいます!

「アニサキス」という白色の細長い虫で
食べるととても激しい腹痛を起こします。

加熱して食べる分には問題は無い様ですので、
充分な加熱を行いましょう。

さんまの焼き方と時間!下処理のコツは?

 

さんまの内臓の処理や取り方は?うろこも注意!?

さんまの内臓の処理の方法は、
まったく食べないというのであれば
切り落としてしまうのも1つ。

 

刺身で食べる場合には内臓は食べない方がよいでしょう。

というのも先にお話した「アニサキス」

さんまも刺身で食べられる様になりましたが、
鮮度が落ちると内臓から筋肉(身)に移動していきます。

 

-20度で冷凍か、70度以上の加熱で死滅しますので、

生食で食べる場合には、鮮度のよい調理されたものか、
-20度一旦急速冷凍を施して酢等で〆て食べた方が無難です。

 

内臓は生食せず、必ず加熱しましょう。

塩焼きの際も気になるようであれば
取り出して水洗いしてから焼いても問題はありません。

また、さんまの内臓を食べると
中からうろこが出て来る事があります。

棒受網漁により大群を一斉にすくいあげる漁法時に、
網の中でさんまが動き、うろこが落ちた物を
飲み込んで、溜まってしまうため出て来ます。

 

Sponsored Links

コメントを残す