節分に大豆ではなく落花生をまく地域は?落花生をまくのはなぜ?

                         落花生の画像

節分に豆をまくときは、

大豆を炒ったものと相場が
決まってると思っていましたが、

地域によっては「落花生」をまく地域もあります。

落花生で鬼払えるの?
なんて思ってしまいますが・・・

節分に落花生が使われる様になった由来や、
豆まきの豆の数などについて解説します。

 Sponsored Links


節分の豆まきに落花生を使う地域は北海道のみ!?

「落花生」で豆まきをするという域地
有名なのは北海道

国産大豆を栽培している地域なのに、
豆まきに使わないって何か意味があるの?

・・・と思いますよね。

この「落花生」を使って豆まきをしているのは、
北海道に限った話ではありません。

 

その境界線はどうやら東北地方にある様で、
もっぱら「落花生」を使っています。

また、北海道や東北から遠く南の宮崎や鹿児島でも
「落花生」が使われているといいます。

これにはそれほど深い理由はありません。

 

北海道や東北は丁度節分時期は雪深い時期で、

大豆を投げると拾いにくく殻に入った落花生の方が
単に拾い易いといった理由の様です

宮崎や鹿児島に至っては、
生産地であるというのが大きな理由です

節分までに厄払いをする意味!

 Sponsored Links

そもそも節分に大豆や落花生などまく豆の意味は?

節分にまく豆で最もポピュラーである
「大豆」ですが、大豆には意味がある様です。

「大豆=まめ(魔滅)」と言葉をかけあわせ、
中国の風習が渡って伝わったといわれ、

無病息災を祈るといった意味を持っています

 

日本では、京都に鬼が出た時に
毘沙門天のお告げにより、

魔物である鬼の目に豆をぶつけて鬼を追い払った!

という伝説が残っていることから、
「魔を滅する」という意味に通じている様です

 

豆まきに使う大豆は
必ず炒ったものでなければならず、

「炒る=射る」という意味にも通じており、

また、陰陽五行節(木・火・土・金・水)の中で、
鬼は「金」炒った豆は「火」に当る事で、

金の作用を滅するということで
炒った豆が使われています。

 

他にも、まいた豆から芽が出る事は、
厄がまた生まれるという縁起の悪い事であるため、

拾い忘れても芽が出ない様にした
・・・という説もある様です。

豆まきの由来!年の数だけ食べる意味や正しいやり方

 

節分のときに食べる恵方巻きにも意味があるの?

恵方巻きといえば今では
節分にかかせない行事食となりました。

恵方巻きは他に、丸かぶり寿司といわれ、
発祥は大阪とされています。

 

恵方巻きも本来の節分に由来しているものではなく、

販売策略によって広まったものでありますが、
そもそも太巻きをよく食べる地域でもあり、

・福を巻き込む
・縁を切らない様に包丁は入れない
・七福神にあやかって7種類の具材を巻く
・鬼の金棒にみたてた

などといったことで、
恵方巻きは全国的に広まって行きました。

恵方巻きを節分で食べる意味!具材が7種類の理由は?

 

他にも、イワシを焼いて食べたり、
くじらを食べるといった習慣もあります。

節分の食べ物!くじらやいわしを縁起物として食べるのはなぜ?

 

Sponsored Links

コメントを残す