節分の食べ物の由来!くじらやいわしを縁起物として食べるのはなぜ?

                         086442

鬼は外~
福は内~

でお馴染みの節分

豆を歳の分だけ食べる以外に
節分で食べる食べ物があるのはご存知でしたか?

節分の食べ物についてのあれこれを
お話しして行きましょう!

 Sponsored Links


節分はいわしを食べる!?その由来は?他の食べ物は??

節分は中国より伝わった行事です。

そして節分の食べ物といえば
鰯(いわし)があり、

主に西日本では節分の行事食として
鰯を食べる風習がありました。

 

焼いた鰯の頭を柊の枝に刺した
焼嗅(やいかがし)を玄関に飾るという
風習がありますが、

どれも節分いわしに由来しています。

 

鰯はニオイがキツく、
焼けば激しい煙とニオイで邪気を祓うとされ、

柊のトゲで鬼の眼を指すという
魔除けの意味を指しています。


 

他にも地域によっては
古く節分の日が大晦日にあたることから
蕎麦を食べる風習があるところも・・・。

また、関東地方ではけんちん汁
四国地方ではこんにゃく料理を食べる風習が。

 

けんちん汁は、中国より伝わった料理を元に、
鎌倉「建長寺」にて作られた「建長寺汁」が発祥。

冬の行事食として食べられていましたが、
様々な行事が消えて行く中、
節分だけが残ったとされています。

 

こんにゃく料理は、「砂おろし」といわれ、
古くは大晦日や節分や大掃除後に食べられていました。

 Sponsored Links

節分の代表的食べ物の恵方巻きを食べる由来は?

最近では全国区になってきた恵方巻き
これも節分に食べる習慣がありますね。

7種類の具材を巻き込んだもので、
近年は色々な種類の恵方巻きが出回っています

 

由来は諸説ありますが、

「恵方」とは陰陽道でその年の干支によって
定められた最もよい方角をいいます

 

起源は江戸時代末期とされ、
大阪の船場で商売繁盛祈願を行う風習として
始まったとされていたり、

船場の花魁遊びに由来していたりと
実はハッキリしていません

恵方巻きの具材が7種類の意味は?


 

一旦廃れた風習ではありましたが、
1970年代後半に大阪の海苔問屋協同組合にて

行ったイベントで復活し、
関西地方では節分の食べ物として定着しました。

その後、2003年頃より、
全国のスーパーやコンビニエンスストアで
大きく宣伝されたことにより、

ほぼ日本全国各地で恵方巻きを食べるという
風習が広まったというわけです。

 

恵方に向かって目を閉じて、願い事を
想いながら無言で食べるのが食べ方
で、

恵方巻き以外にも

「丸かぶり寿司」「丸かじり寿司」

などとも呼ばれています。

節分の縁起物の食べ物にくじらを食べる!?

節分の行事食には、
くじら料理を食べる風習もあります。

これは主に山口県での風習の様で、

大きいものを食べるということが縁起が良い
されていることからと言われています。

 

古く鯨は大きいものの代表であり、

・志を大きく

・心を大きく(広く)

などと大きな幸福を願う意味で食べられています。


 

やはりこうしたものを食べる意味も、
節分の日が大晦日であったりする事から
縁起物を食べる風習が残ったのでしょう。

現在では刺身はもちろん、
竜田揚げや鯨汁などにしていただきます。

 

節分当日、山口県の学校などでは
給食にも出る様ですよ!

Sponsored Links

コメントを残す