柿の渋抜き方法!ドライアイスや冷凍でも簡単にデキるポイント!

                         d1f06fcf6b00b9874b35c6d54a66e680_s

秋の代表的な果物の1つ

甘柿であれば、そのまま美味しく
頂けますが渋柿は、渋くて食べれない!

この渋みの原因はタンニンと言う成分で
食べれるようにするために大事なのが渋抜きです。

良く知られている方法は、
ドライフルーツにする干し柿です。

他にも渋抜きする方法はいろいろとあります

今回は柿の渋抜きの方法について
まとめてみました。

 Sponsored Links


柿の渋抜き方法にはドライアイス!?

柿のへたの部分に焼酎を塗って
ビニール袋に入れ、空気を抜いて

口を縛り保存することで簡易的な
アルコール脱渋を行うことができます。

 

アルコールが苦手な方は、
ドライアイスの気化した二酸化炭素を
うまく利用する方法があります。

方法はまず、ビニール袋に
ドライアイスと柿を入れます。

 

この時、ドライアイスと実が触れないように
ドライアイスを新聞紙等で何重にも
カバーしておく必要があります。

その後、空気を抜いて口を縛ります。

 

炭酸ガスが発生するとビニール袋が
膨れます
ので、ビニールには
だいぶ余裕を持たせて縛るといいです

直射日光の当たらない場所で
3~4日保管すると、渋抜き完了です

 

ドライアイスの量は、
柿10kgに対して1kgです。

柿の量に合わせて調整しましょう。

柿の渋抜きは冷凍することでもできる!?

完熟した柿は、柔らかすぎて食べづらいため、
冷凍してから食べる方法が有名です。

そうすると、シャーベットのように
サクサクと食べやすくなるからです。

 

解凍して食べたい場合は、
冷凍する前に皮を剥き、くし切りにしてから

2日ほど干すと、解凍した時に
形が崩れなくなるのでおすすめです

 

冷凍を柿の渋抜きとして
利用している農家もあります。

渋抜きとしての冷凍は、へたを取り、
皮を剥いてから丸ごと保存します

2~3日ほど冷凍すれば渋抜き完了となります。

 

冷凍脱渋した柿は柔らかく流通には
向きません
が、家庭では非常に簡単に
渋抜きが行えるため大変便利です。

 Sponsored Links

渋抜きした柿を使ったジャムの作り方

渋抜きした柿は、
そのまま食べることが多いです。

しかし、加工してジャムにすると
レシピの幅も広がります。

 

皮と種を取り除いて、浸るほどの水
柔らかく煮ると、フードプロセッサーなどで
簡単にピューレ状にすることができます

これに柿の量の2割ほどの砂糖を
加えて煮詰めますとジャムの出来上がりです。

 

渋抜きをした柿の中には、
加熱の際に「渋戻り」してしまう場合があります。

これは、品種によってほ程度が違うようなので、
大量にジャムを作る前に、少量を加熱してみて
味見をしてみましょう。

甘さが保たれていることを確認してから
作ると、渋戻りのリスクを回避できます。

 

渋戻りをしてしまったジャムも、
タンパク質がその渋みを封じ込めてくれます

牛乳やクリームチーズなどと
加工すると食べることができます。

渋戻りを怖がらずにチャレンジすると、
新たな柿の魅力にたどり着くかもしれません。

Sponsored Links

コメントを残す