紫外線による目の影響や病気!アレルギーやコンタクトの人のケアは?

                         目の画像

陽射しが強い季節になると

目が痛んだり涙が出たり、
充血したりといった症状が起こりませんか?

酷くなると頭痛を伴ったりすることもあり、
注意が必要な事があります。

今回は紫外線から目を守る方法や、
紫外線による目の痛みなど詳しく解説したいと思います。

 Sponsored Links


紫外線による目の病気は日焼けによるもの?

紫外線による目の病気は様々あります。

その原因には年を重ねて起こるものや、
紫外線を多く浴びる事で蓄積されて起こるもの、
半日や1日で起こるものなど色々です。

 

特に多く言われるのが「白内障」で、

紫外線を多く浴びる量が多いと
水晶体が濁り霞んで見えるというもの。

他には「翼状片(よくじょうへん)」という

白目の色素細胞が異常増殖することにより
黒目に食い込んでしまう結膜の病です。

 

他に結膜の細胞が紫外線などの慢性的刺激
白目の上に黄色い斑点や隆起が出来る
「瞼裂斑(けんれつはん)」

スキー場や海といった乱反射や
長時間紫外線を浴びる事で

半日や短時間で起こるのが
「雪眼炎(せつがんえん)」

猛烈な目の痛みやまぶしさを感じ
目が開けられない程です

 

いわゆる目の日焼け
といったものがこれにあたります。

日焼け後の痛みに3つの対策!

長期化や慢性化する目の病気は
いつどこで発症するかが分からないのが

難点ですが、陽射しが強く感じる際には
サングラスや、ツバの広い帽子をかぶって

目元を防ぐと言った事が必要ですね。

 Sponsored Links

紫外線による目のアレルギーは?頭痛も伴う!?

紫外線アレルギーってご存知ですか?
またの名を「日光アレルギー」ともいい、

お陽様や紫外線を浴びる事で

肌には湿疹が起こったり真っ赤に腫れ、
かゆみを感じる事があります。

 

中には悪化すると水ぶくれや蕁麻疹が起こり
時に吐き気や頭痛を伴う事があります。

その祭には目にも異常をきたしていて、
かゆみや腫れ、充血や不快感を感じます

 

原因は目には見えない可視光線によるものであったり、
薬の服用によって発症したり、

レモン、オレンジ、パセリ、クロレラといった
「ソラレン」という成分により、

紫外線に対して過敏にさせる
食べ物によるものであったりします

 

他にも、抗生物質、解熱鎮静剤、高血圧治療、
抗けいれん薬、腫瘍用の薬なども

紫外線アレルギーを起こしやすいとされています。

さらには、普段日に当る事が少ない方が
急に日光にあたることで起こるともされています。

紫外線の多い時間帯や季節!その影響は?

 

紫外線による目の影響、コンタクトの場合やそのケアは??

日常コンタクトレンズをされている方の場合、

ただでさえ目に負担をかけている上に
紫外線もとなればさらに目のケアが必要になります。

そうした場合にはUVカットコンタクトレンズに
切り替えて、目に入る紫外線をカットしましょう!

商品によっても色々ですが、
中には95%カットするものもあります。



 

それだけではなく、
日頃の食生活からも目をケアする

ブルーベリーやビルベリーを使ったサプリメント、
緑黄色野菜などを食べましょう

 

Sponsored Links

コメントを残す