紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い!効果時間の長いのは?

                         c0f9138ff0c82a69e28b0fc0961cd7b3_s

紫外線対策に日焼け止め!

今では女性だけでなく、赤ちゃんから男性、
性別年齢問わず多く使われています。

そこで多く騒がれているのが、
紫外線吸収剤” や ”紫外線散乱剤

どっちが肌に優しいのか?
メリットとデメリットは??そしてその効果とは!?

紫外線から肌を守るための日焼け防止
含まれる2つの成分知識についてお話します。

 Sponsored Links


紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の成分の違いは?

紫外線って聞くと

身体に悪いや、肌老化を進める・・・
とあまりよくない印象がありますが、

本来は体内でビタミンDの合成や、
殺菌消毒の効果があるのでメリットも持っています。

しかし、多く浴びればになり、
日焼け止めを塗り防ぐ方法を取ったりします。

紫外線の多い時間帯!その影響は?

 

そこで「吸収剤」「散乱剤」

いずれかが含まれている日焼け止めを使用しますが、
文字から解る通りそれぞれ性質が異なります。

・紫外線吸収剤

紫外線のエネルギーを取り込んで、
化学的に熱や赤外線に変換し放出したり、

分子構造を一時的に変えたりし、
吸収剤自らが化学変化を起こして

肌に影響を及ばさない様に作用しています。

 

化学変化を起こし続けるので、
定期的に塗り直す必要性があるのもこのためです。

有機物や有機化合物が主な成分で、

共に配合している油分や香料などが
酸化を起こすため、肌に刺激を与える事があります。

 

・紫外線散乱剤

紫外線を散乱させる
「物理的に跳ね返す」

という物で肌を守るのが散乱剤です。

酸化チタンや酸化亜鉛粒子が主で、

現在ではナノ粒子によって
白浮きも目立たなくなりました。

とってもシンプルな作用です。

日焼け止めを塗る効果的な順番は?

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の効果の持続時間の違いは?

効果はよく見かける
「SPF」「PA」の数値でチェック!

この数値が高ければ高いほど紫外線から
肌を守る事が強いとしています

そして紫外線吸収剤紫外線散乱剤
共に配合されている事が多いです。

それは逆に肌に負担をかける要因でもあります。

 

通常なら「SPF20以下」「PA+」
十分な紫外線を防ぐ事が出来るといえますが、

海水浴場などリゾートの場合は、

「SPF30以上」「PA++」と、使用する場所の
用途に応じて使い分ける必要があります。

持続時間はその日焼け止めにより異なります。

日焼け止めだけに頼らず、日傘などを使用し
なるべく肌は負担をかけない方が良さそうですね。

日傘の色で効果が違う!?期間は?

 Sponsored Links

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリットとデメリットは?

それぞれにはメリット・デメリットがあります。

今では吸収剤は肌によくないと言われていますが、
研究が進み刺激を最小限に抑えられたものもあるので

今でも日焼け止めの成分として
使われているのには、そのためもあります。

 

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

・透明なので白浮きしない
・サラサラとした肌触り
・汗に強い
・化学反応での効果なので塗り直しが必要
・肌が弱いと刺激になる

 

紫外線散乱剤メリット・デメリット

・白浮きしにくくなったが吸収剤には劣る
・重い
・汗に弱い
・汗で流れたら塗り直し
・刺激は少ない

赤ちゃんには散乱剤帽子などで防ぐといいですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す