式場見学のポイント!いつから何件行く?服装や聞いておく質問は?

                         ブライダルフェアの画像

女性なら誰もが一度は夢見る
ウェディングドレスに結婚式。

とても華やかな舞台はこれから送る
新しい人生を祝うに相応しい場所です。

たくさんの結婚式場があり、
どこもフェアや式場見学が随時開催されています。

今回は式場見学についてご紹介しますので
迷っている方は是非チェックしてみてください!

 Sponsored Links


式場見学はいつから行くもの?予約なしでも大丈夫?何件行くもの?

ブライダルフェアは事前予約制がほとんどですが
式本番を体験できるものですので、
具体的なイメージを掴みやすいです。

 

一方、式場見学はブライダルフェアのように
模擬結婚式を体験することはできませんが
短時間での見学や相談ができます

中にはフラッといって見学ができるところも
あるかもしれませんが、

大抵は予約制となっていますので
都合の良い日に予約しておきましょう。

 

式場見学は平日でも行っていますので
仕事帰りにしかいけない人も参加しやすいです。

半年前頃から結婚式にむけて
準備を始められる方大半ですが、

1年後に結婚式を予定している方でも
早くから見学に行くことで
段取りがしやすくなるでしょう。

 

素敵な思い出を残すためにも
ベストな式場を選ぶことはとても大切です。

1件だけしか行かない方もいらっしゃいますが、

2~5件といくつかの式場を
見学される方も多くいらっしゃいます。

時間の許す限り実際に足を運んで
納得のいく式場を選びましょう。

結婚式の神父と牧師の違いは?

 Sponsored Links

式場見学に行くときの服装や時間帯は?チェックするポイントは?

服装は男女共に楽な恰好で
式場見学に訪れてもOKです。

しかし女性の場合、
ウェディングドレスを試着するのならば
着脱しやすいワンピースなどが一番でしょう。

 

1件あたりの式場見学時間約2~3時間ですが、
見学だけでなく試食会にも参加すると4時間は要するそうです。

1日に何件も回るのは時間的にも難しいですが、
仕事帰りなど限られた時間でしか見学できない方は

ネット等で下調べしておき、
効率良く見学できるように情報収集しておきましょう。

結婚式の引き出物に使われる縁起物の種類や意味!



 

結婚式はかなり大きなお金を必要とする
一大イベントです。

しかしプランによっては大幅に費用を
抑えて行うことも可能です。

日取り装飾品などを見直すことで
費用を削ることもできるのでチェックしておきましょう。

結婚式と挙式・披露宴の違いは?その流れや費用は?

 

また式場へのアクセスや収容人数、チャペルの広さ、

そして撮影が禁止されているところもなかにはありますので
撮影が可能かどうかもチェックしておきましょう



式場見学のときにしておく質問は?友達や親と行ってもいいの?

少しでも疑問があれば
何でも聞いておくことが一番です。

あらかじめ聞いておきたい質問
まとめておきましょう。

・コスト
・式場設備
・料理

上記の3つは多くの経験者がもっと詳しく
聞いておくべきだったという項目です。

 

招待客の中にはお年寄りや
赤ちゃん連れの方もいるでしょう。

その場合、赤ちゃんの
おむつ替えスペースが完備されているのか?

またお年寄りに負担がかからないように
なっているかなど式場設備は重要ポイントです。

 

料理についても
アレルギーがある招待客がいる場合、
きちんとプランナーに伝えておくべきです。

いざ本番で食べられない料理が
出てきたらとても残念ですよね。

自分たちだけでなく招待客にも配慮した
式場であるかを確認することも大切なポイントです

 

もしパートナーが式場見学に行けない場合、
親族友人と見学することもできます。

パートナー以外の方と訪れる人も少なくないですので
一緒に行っても何ら不思議はありません。

 

いかがでしたか?

お二人にとって最高の式になるように
ぜひ式場見学に参加してみてくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す