湿気対策に炭は有効?備長炭や竹炭など種類でも効果が違う!?

                         5cfe59e6de75c7319eacd45168d3cb5d_s

ジメジメとした湿気対策に
「炭」がいいっていいますよね!

とっても吸湿や脱臭に優れているということで
部屋に置いたりすると良いといいます。

そうした点でバーベキューで使った炭が湿気ってた
・・・なんてことがあります。

また備長炭と竹炭と種類がありますが、
違いはあるのかその使い方とは?

今回はを使った湿気対策
使い方・違いについてご紹介したいと思います!

 Sponsored Links


炭は床下の除湿効果にもおすすめ!?

湿気対策に炭を使うことは今では
とてもポピュラーで様々な製品も出ていたりしますよね!

炭には無数の目には見えない穴があり、
そこで湿気を取り込み臭いも取る

ということで部屋に置いたり様々な使い方をされています。

ご飯を炊く時にも入れると
おいしく炊けるということも有名ですね。

 

そこで現在、床下の湿気にも
炭を使い対策をされる方が増えています。

防湿をすることでシロアリなどからの
害虫防止対策も兼ねる事も出来るのですが、
その際に炭ならばなんでもいい訳ではありません。

適した炭をなるべく細かくして撒く事で
炭が空気に触れる面が広くなります。

それにより湿気対策に繋げる事は多いに有効です。

 Sponsored Links

湿気対策には備長炭と竹炭、どっちでもいいの?炭の種類で効果も違う?

「炭」と一口に言っても種類が豊富で、
大まかに分けると2つに分けられます。

木を焼いたのが「木炭」
竹を焼いたものは「竹炭」と分けられています。

木炭にはさらに「白炭」「黒炭」とがあり
備長炭は白炭であり最高品質とされています

 

吸湿や消臭に優れているのは黒炭で、
無数の穴の量が白炭よりも黒炭の方が多いのです。

白炭はどちらかといえば火力を必要とする
調理加熱燃料に適していて再生しやすいメリットがあります

また、黒炭よりもより吸湿・消臭効果が高いのは「竹炭」

黒炭の原料になる木材よりも穴が小さく
数が多く表面積が多い点優れています。

 

竹炭は燃料としてはあまり得意ではなく
さらに炭にするには高度な技術を要するので高価です。

しかし素晴らしい吸湿力と脱臭力を誇ります

ご飯を炊く時に入れるなら

備長炭よりも竹炭を入れた方が実は
ミネラルも豊富でふっくらと炊く事が出来ます。

ご飯を炊いたら芯が残って固い!柔らかくする方法は?

炭で部屋の湿気対策を行うときのポイント!

部屋を閉め切りがちであったり、
住宅構造上で湿気が酷いなど状況は様々ですが、

湿気を感じる部屋には炭を置く以外にも
ドアなどを開けて空気を循環させる!
などといった対策も合わせて行いたいもの!

その中でを使うことはとても有効的です。

 

部屋の中に炭を置く場合は細かく砕いて
ガーゼや不織布といった通気性のよいものに包んで
いくつか置いておくことをお勧めします

置く場所はタンスや靴箱、クローゼットや押入れなど・・・

また3ヶ月を目処にして天日干しすると
繰り返し使う事が出来ます

押入れなどの湿気対策にすのこの効果的な使い方

 

Sponsored Links

コメントを残す