冷凍しめじが臭い原因は保存?変色を防ぐ保存方法のコツは?

                         しめじの画像

野菜は常温か野菜室で冷蔵するのが一般的ですが、

キノコ類のしめじ冷凍保存ができる
いうことをご存知でしょうか?

冷蔵保存では1週間程度しか日持ちせず、
購入したらできるだけ早く食べないといけませんよね。

 

しかし、せっかく冷凍したにもかかわらず

いざ食べようとしたら、なんだか異臭がする
・・なんてこともあります。

今回はしめじの異臭の原因や冷凍保存方法、
そして解凍方法などについてみていきましょう。

 Sponsored Links


冷凍しめじから臭いが!?その原因は?

しめじは冷蔵保存に比べ
冷凍することにより旨味成分がでる特徴がありますので、

冷凍保存している方は少なくないと思います。

しかし冷凍したにもかかわらず
しめじから異臭がする場合があります。

 

この異臭を作り出す原因は
冷凍保存の仕方によるものだと言われています

きちんとした方法で冷凍保存を行わないと
異臭の原因に繋がってしまい、
せっかくの料理が台無しになってしまいます。

 

冷凍保存については最後に紹介しますので
異臭に悩んでいる方や、

これから冷凍しめじを作るかたは
是非チェックをしてください!

 Sponsored Links

冷凍しめじの解凍方法は?変色を防ぐコツは?

「冷凍物は解凍をして調理する」という工程は
ほとんどの食材において当たり前のことだと思います。

しかし冷凍しめじの場合、解凍して調理してしまうと
苦味がでるだけでなく臭いまで出てしまうのです。

そのことから冷凍しめじは凍ったまま調理することで
苦味や臭みもなく旨味を存分に味わうことができます

しめじの栄養やカロリーは加熱・冷凍で変わる!?

 

また冷凍中に酸化してしまい変色してしまうことがあります。

これは1度解凍したものを再び冷凍してしまうと
変色や鮮度を落とす原因になりますので注意してください。

 

腐っているわけではないので身体に害はありませんが、

色の見た目が気になるようであれば
煮込み料理に使用しましょう。

白や緑色のしめじはカビ!?食べられるの?

しめじの保存方法や保存期間ってどれくらい?

冷凍保存で注意したい1つ目のポイントは
水にさらさないことです。

しめじは水分にとても弱い食材で、
食べないのに水にさらしてしまうと痛んでしまいます。

 

また水分がついていることにより
使うとき使い難いという問題が発生しますので
キッチンペーパーで拭いておきましょう。

そして石づきを切り落して3本ずつに分けるもしくは、
食べる分量にわけてフリーザーバッグに入れ冷凍保存します。

 

注意したいポイント2つ目は
フリーザーバッグに空気を入れないことです。

フリーザーバッグに空気が入っていると
しめじの質が落ちてしまう原因になるため
必ず空気を抜いて冷凍保存しましょう。

 

しめじの冷凍保存最大のポイントは
急速に冷凍することです。

冷蔵庫の機能にある「急速冷凍機能」を使用するか、
金属皿に重ならないようにのせて急速に冷凍させます。

凍ったらフリーザーパックなどに入れて冷凍保存しましょう。

 

臭いや苦味をださないためにも
工夫をして冷凍しなければいけませんが、

冷蔵保存より美味しいしめじを
いただくことができます。

冷凍しめじはお味噌汁など汁ものに入れると
すぐに解凍もできますのでオススメですよ!

是非試してみてくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す