シンビジウムの育て方!芽かきや水やり・植え替えなどの注意点

                         シンビジウムの画像

寒い季節に花を咲かせる蘭シンビジウム

年末に鉢植えを戴いたりすることも
少なくないと思います。

せっかくいただいたら、きちんと育てて、
また、花を咲かせたいですよね。

そこで、今回はシンビジウムの育て方について
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


鉢植えでのシンビジウムの育て方は?

シンビジウムは胡蝶蘭と並び
最もポピュラーな蘭のグループで、

冬から春の花の少ない時期に花を咲かせることで
とても親しまれている花です。

開花時期は1月~3月で、

花芽が伸びたら支柱を立ててやり、
花茎を真っすぐに育つ様に誘引してあげましょう。

 

5月頃など霜が降りない時期になったら
室外に出し、よく陽にあててやり、

7月~8月の陽射しが強い時期は
葉が焼けてしまうので日陰の
風通しよいところで育てて上げましょう。

9月以降などはまた日向に出してやり、
冬の時期は7℃以上を目安に管理します。

 

日中と夜の温度差が激しいと、花芽が黄色く偏食し
落ちてしまったり腐ってしまうといったこともあるので

温かい暖房のきいた部屋で管理する場合は
特に注意が必要になり、

あまり温かいと咲いた花が早くに落ちてしまいます。

通常シンビジウムは、1度咲くと1~2ヶ月間は
楽しめる花なので、目安にしておくとよいでしょう。

シンビジウムの花言葉!色の種類や時期は?

 Sponsored Links

シンビジウムの葉や芽かきや冬の水やりは?

シンビジウムは育てている間に、
新しい芽をたくさん芽吹き、

この新芽をすべて育てていると栄養がきちんとまわらず
花が咲かせることが出来なくなります。

1つのバルブに1つの芽とし、
あとはすべてかきとってしまいましょう。

 

これを「芽かき」といい、
9月頃に花芽と一緒に新芽が出て来るので

間違えて花芽を摘んでしまわないよう
ここも注意が必要になります。

花芽と葉芽の違いは、

花芽は全体的にふっくらと丸みがあり、
やや横に伸び触ってみると柔らかい感触があります。

一方、葉芽は花芽の逆で、細長くて平たい感じで
触ると固めで、上に向かって伸びます。

 

また、シンビジウムは水を好む植物ですが、
9月~2月の間は生育はゆっくりぎみなので、

少々乾燥気味に管理し、週に1回コップ1杯程度にとどめ、
花芽がのびてきたら乾燥させない様にします。

それ以外は土の表面が乾いたら、
たっぷりと水を与えます。

 

シンビジウムの植え替えや株分けのやり方は?

2~3年に1度の割合で

鉢を一回り大きいものを用意し、
鉢から引っこ抜いて植え替えて行きます。

適期は新芽が伸び始める3月~4月頃

根をチェックして黒ずんでいる様な箇所があれば
取り除いて根をほぐしてから植えてあげるとよいでしょう。

 

また、株分けは植え替え時期と同じ時期に行い、

バルブの数を2~3個に1株になる様に、
ナイフやはさみなどで切り分けて、
新たな用土で植え替えを行いましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す