深秋の候の読み方や意味!使う時期やビジネスでの使い方は?

                         02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s

秋はそれまで暑かった夏とは違い、
涼しくもなるので心も少し穏やかとなり、
なんとなく季節の情緒を楽しめる季節。

その静かに秋から冬へと季節が移ろう情景を
言葉に変えた時候の挨拶、深秋の候

あまり普段使う事は少ないですが、
かしこまった文書を書く際に用いります。

この深秋の候を使う時期や読み方、
同じ時期に使われる時候の挨拶との違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


深秋の候の読み方!その意味とは?

深秋の候の読み方は、

・しんしゅうのこう
・しんしゅうのみぎり

といった読み方をします。

 

を”こう”や”みぎり”と読むには意味があり、
古くは「~でございます」という意味合いとして
「候(そうろう)」と文にしたためていました

現在ではそう読む事も少なく、「こう」と読む事が一般的ですが、
「みぎり」については女性言葉から来ているといいます。

時候の挨拶で使われる意味としては、
「~といった季節になりました」という
今の季節を現している言葉です

 

深秋は秋も深まりをみせる時期を意味しています。

 Sponsored Links

深秋の候を使う時期はいつ?同じ時期に使う時候の挨拶との違いは?

秋が深まって来る時期を指す深秋の候

使う時期は現代の気象状況と昔の季節感とは
ややズレが生じる様にも思います。

季節を24に分けて現した二十四節気を目安にすると、

10月23日頃である霜降の時期から、
冬の始まりである11月7日頃の立冬の前日までを

目安に使用すると丁度よいとされています。

 

つまり深秋の候を使う時期
10月下旬~11月初旬

とはいえ現在の気候では11月中旬まで使う事も。

手紙を送る相手の土地の気候にも合わせて使うので
実際の使用期間が明確ではない事も多くあります。

 

また、同じ時期に使用される晩秋(ばんしゅう)
暮秋(ぼしゅう)も秋の終わりといった意味があります。

これらを10月下旬から立冬前まで使う事も間違いではありません。

晩秋とは?意味や時期はいつ?

時候の挨拶は、季節の変化をより細かく現しているので
ある意味とても情緒のある言葉だと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

深秋の候の使い方や例文

時候の挨拶は、その季節に相応しい季節感を表す言葉で、
頭語の後に続ける季節の挨拶です

頭語には拝啓を用いります。

これは文章でいうところのお辞儀になり、
他にも謹啓という頭語などもあります。

 

ビジネス向きの時候の挨拶

・拝啓 深秋の候、貴社ますますご清栄の事とお慶び申し上げます。
・拝啓 深秋の候、貴社ますますのご繁栄の事とお慶び申し上げます。

個人向きの時候の挨拶

・拝啓 深秋の候、朝晩の気温も冷たく感じられる様になり、
  いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 深秋の候、風の冷たさを感じる季節になりましたが、
  いかがお過ごしでしょうか。

親しい方へは堅さを感じられてしまうので、
深秋の候と使うよりもありのままの季節の言葉で
手紙をかき出した方がよさそうです。

 

Sponsored Links

コメントを残す