体調に最適な湿度と不快指数は?カビ予防になる湿度はいくつ?

                         湿・温度計の画像

日本の夏は高温多湿

なんとなく体調も優れない
・・・なんてことも少なくありませんよね。

では、快適に私達が過ごせる湿度とは
どれくらいなのでしょうか?

今回は最適な湿度について
様々な面から解説したいと思います。

 Sponsored Links


インフルエンザ予防に最適な湿度とは?

インフルエンザ風邪といった

ウィルスでかかる疾患には
”湿度”と”温度”が密接に関わって来ます

というのもウィルスなども生き物ですから、
最適な湿度や温度で繁殖します。

 

インフルエンザウィルスは、
湿度・温度共に高めの場所を嫌がり、

例えば室温21~24度で湿度20%で
6時間保った場合の生存率は60%

しかし、ここで湿度をグンと50%にあげた場合には
その生存率は3~5%に下がる!

という結論もあるので、冬場など乾燥している
場合の湿度は特に注意したい部分でもあります。

 

だからといって湿度を80%など高くすれば
今度は私達が過ごしにくくなりますので、

ウィルスの生存率が下がる
湿度50~60%が目安です

 Sponsored Links

不快指数の湿度は?梅雨の時期やカビ予防に最適になのは??

少しずつ気温が上がってくるにつれ
湿度もあがってくる季節になると

朝の天気予報などでは不快指数
解りやすく知らせてくれますよね。

梅雨の頃になるとよく耳にすると思います。

 

この”不快指数”とは、暑いと感じると
私達は汗を出して、汗を蒸発させる事で

体温を調節するものですが、
湿度が高いために汗が蒸発せず

いわゆる肌がベタベタしたり蒸し暑さを
感じる事を数値化したものをいいます。

 

実際に不快に感じる湿度や温度には個人差もありますが、
湿度と気温の値で不快指数を求めることができます。

湿気が高いと汗が出る理由や髪がまとまらない原因!

 

一般的には、

不快指数80超…93%の人が不快に感じる
不快指数77 …不快に感じる人が増える
不快指数70超…一部が不快に感じる

他にもの関係といった気象条件も伴うので
不快指数と体感が必ずしも一致するものではありません

ペットボトルで手軽に湿度を下げる方法!

 

また、住宅事情などによっても異なると思いますが、

梅雨の時期は湿度が
日々80%を越えるなんて事もあります。

それにともない「カビ」の発生も気にしたい所です。

カビの発生はウィルスの発生と同じく、
湿度が低いところが苦手で、

実に湿度50%以上から繁殖を始め、
60%から爆発的に増えると言われています。

フローリングや畳、ベット布団のカビ対策!

 

カビやウィルスなどの繁殖に対して
理想的な湿度は高くも低くもない『50%』

ただ、湿度と温度の差もあるので、
やはり見た目にわかりやすい

湿度計と温度計が一体になったものを
1つ部屋に設置しておいた方がいいですね。

体調や肌・のどを守る最適な湿度の割合は?

エアコンを使用しすぎると
湿度が下がり、乾燥傾向になります

その為、肌の乾燥やのどの乾燥からくる
痛みなど、体に顕著に出て来ます。

喉の痛みを抑える飲み物!

私達の体に最適な湿度も実は50%

ここから上、”50~60%”が最適と言われています

 

夏場や梅雨の時期は加湿器を使う必要は
それほど無いと思いますが、

冷房を使うのであれば加湿器や
洗濯物を部屋に干すなどの工夫を!

エアコンのドライや除湿機能なども上手く使って、
湿度を保つ生活を心がけてみてくださいね。

 

Sponsored Links

コメントを残す