スキー初心者の服装や必要な物!子供の防寒対策や行き帰りの服は?

                         スキーの画像

スキーに行く際の服装にお困りですか?

初めてだったりすると何をどう揃えるか?
お店の人に聞いてもよいですが、
事前に知っておきたい事もあると思います。

どんな持ち物が必要?
日帰りの時にはどうしたら??

今日はスキーの服装についてあれこれお答えします。

 Sponsored Links


スキー初心者の服装に必要な持ち物は?インナーも必要?

修学旅行でスキー体験などスキーが初めてという方は、

この後も引き続き行くかどうかも不明だし、
スキーウェアもシーズン事に流行が変わります。

 

まずはレンタルウェアを利用したり
手頃な価格のスキーウェアで始めてみる!

といった方法で、その後、買い替えたり
好みに切り替えて行けば良いでしょう。

 

必要なものといえば「インナー

発熱性や保温性など機能的なものが多く、
多くはヒートテックの様なものを用意することが多いでしょう。

汗も吸収してくれますが、滑走する日の気温や
太陽の出方によっては大汗をかく!

といった事もあるので、長袖・半そでの
1枚ずつを用意しておくほうがよいでしょう

ヒートテックは静電気や肌荒れは大丈夫なの?

 

続いて最も寒い時期に着る「アンダーウェア」

いわゆるスキーウェアの直ぐ下に着るウェアで、
フリースセーターでよいでしょう。

他に小物としてグローブやネックウォーマー、
耳当てやゴーグルなどは好みによりますが、

ニットの帽子などがあれば耳も隠せるので便利です。

ニットが縮む・伸びる原因は?直すには?

 Sponsored Links

幼児や子供のスキーの防寒対策は?男性のボトム服装は?

幼児や子どもの場合ですが、

まだ本格的にスキーを始めるというよりも、
雪遊びが主になると思います

幼児については中はヒートテックで防寒し、
スキーウェアはカバーオールタイプがおすすめです。

雪の上を転がっても雪が中に入りにくく、
体温低下を心配せずに遊ばせることができます。

また、手袋もしっかりと手首まではいるもの。
袖口が窄まっているものをチェックしてください。

 

そして、男性の防寒対策ですが、

トップのインナーは大方決まっていますが、
ボトムの防寒対策に悩む方も少なくない様です。

男性用の発熱下着、ヒートテックのスパッツや
タイツなどが発売されています。

最近のものは吸汗速乾や消臭機能なども
ありますので利用してみましょう

ヒートテックを着るとかゆい・かぶれる!その原因は?

日帰りスキーの行き帰りの服装は?

出来るだけ荷物は減らしたい。

特に日帰りの場合には
手軽にウェアーはレンタルして、

現地に付いたらウェアを
着るだけにしたいと思います。

 

では日帰りなどでの行き帰りは?

長距離高速バスなどでは暖房が効き過ぎて
車内が暑いこともあります。

また、トイレ休憩などで車外に出ると
極端に冷えます

楽で動きやすく着脱で温度調整が
できるような服装にしておきましょう。

 

ほぼインナーはヒートテックを着る事が多いと
思いますが、行きも帰りも着たままの方も多く、

その上にネルシャツやパーカーなどを
重ね着して体温調節が容易にできるようにしておきます

行き帰りはジーンズなどのタウン着のような
服装でも大丈夫ですが、

靴は雪道でも滑らない様なシューズを選びましょう。

 

また、汗をかいたままの
下着や靴下が気になるようでしたら、

かさばらない靴下や下着の替えを持参しましょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す