石鹸で洗顔やシャンプーの後にお酢が効く!?石鹸カスを防ぐのも効果的

                         81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

今や石鹸でシャンプーをしたり
洗濯をするというご家庭も増えています。

そんな石鹸を中和するのに酢を使うといいます

酢はどんなものでもよいのか?
どんな作用をするのかご存知でしょうか?

ここでは石鹸と酢の使い方と
その作用などについてご紹介します。

 Sponsored Links


肌が弱い方は石鹸の洗顔後に酢を使うといい?

肌が弱い方の洗顔に石鹸での洗顔がいい!

・・・ということで近年では
純石鹸で顔を洗う方が増えている様ですね。

ただ、ドラッグストアやスーパーにならぶ
純石鹸では肌荒れを起こすという方も否めません。

なんでも個人差があり、誰もがいい訳ではないです。

 

洗顔後の肌はアルカリになっているため
肌荒れがしやすい状態!

健康な肌の方であれば自然と肌が弱酸性に戻ります。

ただ肌が弱い方や気になる場合には、
弱酸性よりに肌を戻さなければなりません。

 

そのためにを使いますが、
正直、洗い上がりの香りが酸っぱいです。

臭いがダメだという場合にはクエン酸でもよい様です。

面倒・・・とか、肌が弱い場合には
精製水を含ませたコットンなどで拭き取ると効果はある様です

クエン酸ピーリングはニキビや色素沈着にも効果あり!

 Sponsored Links

洗濯の石鹸カスを防ぐには酢が効果的!?

アトピーの赤ちゃんや子供がご家族がいる場合に
洗剤を石鹸洗剤を使っている所も多いと思います

ただ、石鹸洗剤で通常通り洗濯すると
成分の変化によって石鹸カスを作ります。

 

大事なのは仕上げの水に酢を少々入れて中和させること!
石鹸カスをつける事なく洗い上げる事が出来ます。

酢以外にもクエン酸であれば臭いが抑えられます。

また、洗濯時に洗剤と一緒に
重曹を入れる事でも防ぐ事ができます

 

一般的な合成洗剤ではその成分が異なるので
酢を入れても効果を得る事はできません

ダニは洗濯では死なない!?死滅させるには?

石鹸シャンプーの後は酢でリンス!使う酢の種類は?

髪に付いたシリコンを洗い流し、
仕上がりが生まれたての髪の様になる!

・・・ということで、
石鹸で髪を洗う方がいらっしゃいます。

髪も肌と同じで健康な状態であれば弱酸性です。

 

石鹸で洗うと髪はアルカリ性に傾いて
キューティクルが開いてしまいます。

それを落ち着かせる(中和させる)のに
酢を使ってリンスをするわけです

ただ、あまり量が多ければ髪が引き締まり過ぎて
逆に髪がきしんでしまうので注意が必要です

石鹸の洗髪効果で抜け毛やべたつきを防ぐ?

 

使用する酢も基本的にはどんなものでもよいらしく、

穀物酢や純米酢などでは臭いが気になる場合には、
竹酢リンゴ酢などといったものでもよさそうです。

ただ、アミノ酸が多く髪によい黒酢を使った
酢リンスの方が髪がサラサラになるのだとか

洗面器にお湯を張って大さじ1杯程度。
ざっと流すのではなく、髪全体に馴染ませる様に!

髪の長い方であれば中で髪を泳がせる感じがよく、
仕上げに軽く洗い流すだけでOKです。

 

Sponsored Links

コメントを残す