爽秋の候の読み方や意味!使う時期や結びの例文を紹介

                         4916a1a7f121c5c0fda63daea3c9f5e4_s

時候の挨拶を使う頻度は少ないですが、
うまく使えると知的さを感じさせる
礼儀文(挨拶文)が使え、一目おかれます。

今回、ご紹介する爽秋の候

どんな意味があり使い方をするのか?
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


爽秋の候の読み方やその意味について

爽秋の候(そうしゅうのこう)と読む時候の挨拶。

見るからに爽やかな感じがしますが、
読んだ通り、秋に使われます。

 

その意味はこれまで湿度が高く蒸し暑い日々が続いた夏から、
ふっと涼しげで澄んだ秋の気配を感じる頃、

朝晩はグッと過ごしやすくなる頃を意味しています。

ちなみに候(こう)と呼ばれる部分の意味は、
まさしく今の気候を現わしていて、

「秋の爽やかさを感じる季節になりましたね」
といった意味に繋がります。

 Sponsored Links

爽秋の候を使う時期はいつからいつまで?

時候の挨拶は昔の暦(旧暦)から季節を分けた
二十四節気(にじゅうよんせつき)がキーポイント。

場合によっては体感で使えるものもあります。

この時候の挨拶はどちらかといえば
旧暦をポイントに使う時候の様です

 

二十四節気の秋に分類される
白露(はくろ)の時期に使うのがピッタリ。

ちょうどこの時期は9月8日頃~9月23日頃。

白露の始まりは日中はまだ暑さを感じ、
朝晩は過ごしやすく感じる時期にあたります。

白露とは?二十四節気との関係って??

 

また、同じ時期に使われる時候には、
新秋、清涼、白露、微涼、早秋といったものもあります。

爽秋の候を使った結びの例文

時候の挨拶で難しいのは、
おそらく結びではないでしょうか?

頭語や結語などは案外と見かける事も多く、
拝啓敬具などを使います。

 

時候の挨拶を使った礼文や挨拶文には、
最後の結語の前に相手を気遣う結びの文章が必要です。

爽秋の候を用いる時期は暑さと秋の兆しと
気温の変化も激しく季節の変り目です。

そうした事でも相手の体を労る様な
結びがいいのではないのでしょうか??

 

結びの例文一覧

・過ごしやすくはなったといえ、まだ夏の名残を見せる日もありますので、
 どうぞ体調管理にご留意ください。

・季節の変り目ともなり朝晩は涼しくなりましたので
 お風邪など召されませぬ様、お身体ご自愛くださいませ。

・9月に入りましたがまだ暑い日がありますので
 くれぐれもお身体をお大事にしてください。

相手の体を気遣う文章で締めるのが一般的で、
自然で大人の配慮の出来た文になると思います。

 

Sponsored Links

コメントを残す