シチューの保存方法と保存期間!鍋のままはNG?腐るサインは?

                         c27dc8770c755b9a4fb64b6083487a79_s

子供も大人もみんなが大好きなシチュー

人気メニューのシチューですが、
ついつい作りすぎてしまうことはありませんか?

余らせてしまったシチューをどう保存するかが悩むところ!

そこで今回はシチューの保存について!
おいしさを長持ちさせる方法を調べてみました。

 Sponsored Links


シチューってどのくらい日持ちするの?賞味期限は?

シチューはカレーと同じく、
多めに作ってしまうメニューの1つですよね。

みんなが好きだから・・・と、
たくさん食べてもらえるように料理する方は多いはず。

でも、余らせてしまったシチューは
ちゃんと保存をしないと傷みやすいものでもあります

 

シチューの具材で使うじゃがいもや
牛乳やバターなどの乳製品は傷むのが早く、
常温で放置しておくと、あっという間に腐らせてしまいます。

夏場などの室内では、半日でダメになるということも!
シチューは基本的に常温での保存は避けるべきです。

冬場の涼しい所であれば1~2日はもつかもしれませんが、
匂いを確認し、よく加熱をしてから食べるようにします

 

シチューが悪くなっているかどうか?
確認する時には、まず匂いを確認します。

酸っぱい匂いや明らかな異臭がする時は
処分するようにしましょう。

すくった時に変な粘りがあったり、
カビの様なものが確認できる時にも即処分。

「あれ?」と思う時には食べないで処分する方が無難です。

 Sponsored Links

鍋のままで保存はNG?正しいシチューの冷蔵庫保存方法は?

常温での保存に向かないシチュー。
やはり冷蔵庫での保存が安心です。

余ってしまったシチューを冷蔵庫で保存する時に、
鍋のまま冷蔵庫に入れていませんか?

実は鍋のままで保存は
なるべくなら避けたい保存方法なんです

 

鍋の蓋は密閉性が低いので乾燥してる冷蔵庫に入れると
シチューの水分が奪われてしまいます

他の食品からの匂い移りなどを防ぐことにも適していないので、
タッパーなど密閉できる容器に入れ替えた方がいいです。

どうしても鍋のまま保存したいという時には、
なるべく密閉できる蓋を用意したりラップなどを活用します。

 

冷蔵庫では2~3日保存ができますが、
なるべく早く食べてしまうようにしましょう。

冷蔵保存する場合は
しっかりと加熱をして殺菌します

その後なるべく早くタッパーに移し、
そのまま冷蔵庫に入れ保存します。

食べる時には再度加熱をしっかり行ってください

雑菌を繁殖させないことが長持ちさせる秘訣です

アレンジ料理にも便利なシチューの冷凍保存!その方法は?

シチューを冷蔵庫で保存すると、
常温よりは持ちますが期限は2~3日と短いもの。

もっと長く保存したい場合は、
冷蔵ではなく冷凍してしまいましょう!

冷凍庫で保存してしまえば、
保存期間2~3週間と長く保存ができます。

 

冷凍保存のやり方はまず、シチューに入ってる
じゃがいも、人参を取り出していきます。

取り出したじゃがいもと人参は潰してマッシュ状に!

その後、ジップロックなど密閉できるものに
シチューと潰したじゃがいも、人参を入れ
空気を抜きしっかり密閉する

あとは冷凍庫に入れるだけ!

じゃがいもと人参はそのまま冷凍すると、
ぼそぼそと食感が悪くなります。

少し手間はかかりますが潰してから冷凍するか
取り出して別の料理に使っていきましょう。

 

また、冷凍したシチューを食べる時には、
自然解凍してからしっかりと加熱をします

冷蔵よりも保存期間は長くなりますが、
なるべく早く食べた方がいいです。

冷凍したシチューはシチューとしてはもちろん、
コロッケやドリア、グラタンにカルボナーラなど
アレンジ料理にも使えます。

寒い季節にはもちろん、
1年通して食べたくなる人気メニューのシチュー

冷蔵・冷凍方法を覚えておいて損はないですよ。

 

Sponsored Links

コメントを残す