シチューにおすすめの隠し味や調味料!ビーフシチューには?

                         21a7a1142f0348691d726d4965818bb0_s

寒くなると食卓に並ぶ事も多いシチュー

カレーに続いてお子さんに人気のメニューですが、
ちょっと加えるとおいしくなる隠し味

なんとなくあと1つ!
味が欲しいという時に入れる物ですが、
いつもの味がもうワンランクおいしくなっちゃう

今日はシチューにおすすめの隠し味についてご紹介します。

 Sponsored Links


シチューの味が引き立つおすすめの具材

シチューを作る際にルゥを使ったり・・・
使わず作る方もいらっしゃると思います。

いずれにしても1つ加えることで
味をグンとアップさせる隠し味があります。

実は使う具材によっても旨味を加え、
より味をアップさせることが出来ます

 

うまみ成分といえば、

・グルタミン酸(昆布やチーズ類 マッシュルームなど一部野菜)
・イノシン酸(肉・魚介類・鰹節 など)
・グアニル酸(干ししいたけ)

などあります。

シチューに入れる具材でグルタミン酸を含むものは

・マッシュルーム
・玉ねぎ
・セロリ

この様な具材にはうまみ成分が含まれています。

 

他にグルタミン酸を含む野菜といえば
冬の鍋物に欠かせない白菜などは、
かなり旨味成分が高くシチューにも最適です。

具材からうまみ成分を加えるなら、
骨付きの鶏肉などもうまみをアップできます。

骨付きの鶏肉とセロリを一緒に別鍋で煮込み、
これをスープにして作るのもおすすめです

シチューの保存方法と保存期間!腐るサインは?

 Sponsored Links

クリームシチューの隠し味には味噌・醤油!?ビーフシチューには?

シチューを作って味が薄い、コクを感じず
なんとなく足りない感じがした際に、
身近な調味料でコクと深みを加える事ができます

それが味噌醤油

入れ過ぎてしまうと和風な味わいになるので、
中くらいの鍋に作る程度なら小さじ1杯から始めてみましょう。

 

旨味の多い味噌醤油は、
旨味以外にも塩分も加えキレのよい深みとコクが出ます

他にもこんぶ茶も同様に隠し味になります。
こんぶはグルタミン酸という旨味の宝庫です。

 

また、シチューにはビーフシチューがあります。

具材の旨味部分に関しては
クリームシチューと通じる部分がありますが、

調味料でコクを加えるなら
ハチミツインスタントコーヒー

まろやかなコクにはハチミツで、
深みのあるコクならコーヒーがおすすめです。

シチューの隠し味にコンソメやヨーグルトもおすすめ

シチューを作って簡単にコクやうまみを加えるなら
コンソメが手っ取り早いです。

コンソメには肉の旨味や野菜の旨味が
凝縮しているので1つ加えて味の調節をしてみましょう。

 

また、発酵食品とシチューは相性がよく、
ヨーグルトもコクを加える隠し味としておすすめです。

クリームシチューにはそのまま入れますが、

ビーフシチューには牛肉の下ごしらえの時に
ヨーグルトで揉み込んでから焼くと肉が柔らかくなります

タンドリーチキンをヨーグルトに
半日ほど漬け込んで焼くと柔らかくなります。

 

Sponsored Links

コメントを残す