スイカの栄養や効能!黄色の実のスイカには違った栄養効果が!?

                         504e390e11cd29890e271a9a7e9998fe_s

夏に旬を迎えるスイカ!

実は美味しいだけの
果物じゃないのはご存知ですか!?

スイカの栄養や効能を知る事で
ただ食べるだけではなく、

さらに美味しく感じられるかも!?

今回はスイカの驚く栄養についてご紹介します!

 Sponsored Links


スイカの栄養や効能には血流を良くする効果も!?

スイカは90%が水分ではありますが、
実に優れた成分や栄養を含んだ果物!

実が赤いスイカには『リコピン』を含んでいます。
この成分の名前はトマトで耳にすると思いますが、

動脈硬化やガンや肌の老化の原因になる
活性酸素を抑制する働きがあります。

 

その量はなんと!トマトの1.4倍

トマトで名を馳せた栄養素ですがスイカの方が
多く含んでいる事はあまり知られていません。

そして利用分として『カリウム』
ウリ科の植物ではお馴染みでありますが、

利尿作用があり体内の水分調整や、
余分な塩分を排出し、むくみを解消する働きがあります。

スイカのカロリー!糖分も意外と少なくダイエットで注目な訳!

 

他には『シトルリン』という成分、
大注目成分です!

血流をよくする効果があり、
アミノ酸の一種でウリ科の植物は

体を冷やす食べ物が多いとされている中、
スイカは体を温める働きを持ち、

なんと!薄毛などの育毛作用もあるといいます。

 

更には糖質分解酵素でダイエット成分の
『マンノシターゼ』や、

動脈硬化予防に効果のある
『イノシトール』といった様々な成分を含みます。

ビタミンミネラルなども含んでいるので、
熱中症予防にも効果的です!

 Sponsored Links

黄色のスイカは栄養や効能など効果が違うの??

赤いスイカの他に黄色い実のスイカもありますが、
栄養成分としてはほぼ赤のスイカと変わりません。

しかし、黄色い色素の成分に注目しましょう!

 

赤は「リコピン」、黄色には『キサントフィル』といい、

濃い黄色の卵の黄身にも
この色素が関連している様です。

キサントフィルは太陽光の
有害な光から目を守る働きを持っています

紫外線による目の影響や病気!

キサントフィルはカロテノイド由来の色素で、
大まかに8種類の成分を含んでいます。

 

・ルテイン
・ゼアキサンチン
・アスタキサンチン
・β-クリプトキサンチン
・カプサンチン
・フコキサンチン
・ネオキサンチ
・ビオラキサンチン

 

主な作用としては紫外線からの

有害な青色に対して目の保護や、
抗酸化作用、脂肪燃焼を促す働き、

栄養が届きにくい場所の
活性酸素除去といった効能があります。

赤いスイカよりも劣るとされていますが、
実に黄色のスイカも素晴らしい成分を含んでいます。

 

スイカの皮や種にも栄養はあるの??

スイカを食べた際に捨ててしまう””や”
実はここにも体によい成分を含んでいます!

捨ててしまう前にちょっと待ってください!

『シトルリン』の含有量が、
実に比べて2倍量含まれています。

 

血行改善のためにはぜひおすすめ!

緑色の皮部分は薄く取り除き、
薄くスライスして浅漬けぬか漬けなどに
しても美味しくいただけます。

スイカの皮の漬物の作り方!

 

にはコレステロールを排出する作用があり、

ビタミンB1を含んでいることで
疲労回復や、食欲増進などに働きます

1日天日干しをし、フライパンなどで軽く炒め、
黒い皮部分を取り除いて食べてみてください。

 

Sponsored Links

コメントを残す