ススキアレルギーの症状や起こる時期はいつ?イネ科の植物も注意!?

                         45773b658da8e970eced6b7092c8bd5b_s

秋っぽい季節になり目が痒い・鼻水ズルズル
・・・なんてことがありませんか?

それってもしかしたら
ススキが原因かもしれません。

春や初夏のイメージの花粉症ですが、
秋にも花粉症になることだってあります。

これってススキアレルギー
その症状や時期についてお伝えします。

 Sponsored Links


すすきでアレルギー?症状は咳も出たりする??

ススキといえば秋頃に見かける植物。

見た感じは花粉症の原因ぽくない様にも見えますが、
アレルギー症状を起こす原因の1つとされています

いわゆる花粉症の1つで、
その症状は春などの花粉症と同じく、

・目の痒み・充血
・くしゃみ・鼻づまり
・喉の痒み
・咳
・蕁麻疹や肌荒れ
・アナフィラキシー
 など

この様な症状があげられています。

 

この症状はどれが始まりか分からず、
単に咳だけの症状の場合もあり、
気温差による風邪?と勘違いしてしまう事も・・・。

風邪であれば1週間程度で改善される事が多いですが、
それ以上、咳や鼻づまりが続く場合には、
花粉症を疑ってみるのも1つといえます。

 Sponsored Links

ススキアレルギーが起こる時期はいつごろ?

すすきは開花時期にアレルギーを引き起こすものです。
その時期は一般的に10月~11月中旬頃

秋風になびくススキは美しいものですが、
その風に乗って花粉が舞い、
合わせて生命力の強さもあり、あちこちで見かけられます。

 

しかし、10~11月はすすきで起きるアレルギー以外にも、
花粉症の代表格であるスギ
春ほどではないものの
アレルギー症状が見られます。

ただし、北海道や沖縄はスギが存在しないらしく、
花粉症という症状は考えにくいのだそうです。

花粉症の予防接種時期はいつ?副作用はないの??

すすきアレルギーの人はイネ科の植物も注意!?

すすきで引き起こすアレルギーは総称して
イネ科アレルギーとも言われています。

すすきはイネ科ススキ属の植物であり、
イネ科は非常に身近で日本各地で生息しています。

花粉症時期ではない時に症状が出る方は
これらのイネ科植物が原因の場合もあります

 

これは外だけではなくウサギなどの食用に用いられる
チモシー(オオアワガエリ)でも起こるのだとか。

牧草として家畜のエサにも用いられるので、
通年花粉症状が見られる場合は
そうした事が発端になっている可能性もゼロではありません。

 

・3~5月・・・スズメノテッポウ
・4~6月・・・ハルガヤ
・5~10月・・・イネ※地域差あり
・6~8月・・・ギョウギシバ
・5~7月・・・ホソムギ
・5~8月・・・カモガヤ
・8~9月・・・セイバンモロコシ

など多くのイネ科植物が存在しているとともに、
食物アレルギーとの関係もあります

トマトやメロンなどのナス科やバラ科、
同じイネ科である米や小麦などで
アレルギー反応を引き起こす場合がある様です。

 

こうみると冬以外の季節は、
イネ科以外も花粉が飛び交う季節なので
一概に風邪と片付けてしまわない様に注意が必要ですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す