スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの見分け方!燃費の違いは?

                         Print

通常のタイヤでは雪上や氷上での
運転に支障があるので、

より安全に走行するために使う
スタッドレスタイヤ!

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤでは
燃費や使用年数に違いなど出るのでしょうか?

今回はスタッドレスタイヤとノーマルタイヤの違いを
様々な角度で比較してみました。

 Sponsored Links


スタッドレスタイヤとは?ノーマルタイヤとの違いや見分け方は?

スタッドレスタイヤとは
雪国や寒冷地ではお馴染みの
冬仕様のタイヤのことです。

スタッドレスタイヤは冬場だけに特化して
使われるため、通常夏場に使うタイヤは
ノーマルタイヤ(夏タイヤ)と呼ばれます。

 

通常のタイヤで雪道を走行すると、
大変なことになってしまいます。

通常のタイヤですと雪山でタイヤが
空回りし、後ろから押してもらわないと
進めない状況になってしまいます。

 

地域によっては、雪道をスタッドレスタイヤや
チェーンを付けずに走行すると、
違反行為となり罰則が適応されるところもあります

ブレーキが効かず、止るべき場所で
止まれないとなると、大きな事故に繋がってしまいます。

それを避けるために雪道では
車の運転に規制がかかるわけです。

 Sponsored Links

 

以前は、スパイクを利用してタイヤを
滑りにくくしたスパイクタイヤというものがありました。

しかし、道路が削られてしまう
というデメリットが目立ったため、

スタッド(棘)がないタイヤという意味で
スタッドレスタイヤ(別名・冬タイヤ)が登場

 

雪上や氷上など、タイヤとの摩擦が少ない
路面では、タイヤが空回りしてしまったり、
ブレーキをかけてもタイヤが滑ってしまいます。

スタッドレスタイヤは駆動力を得るための
深い溝が特徴で、その溝が雪を噛むようにできています。

 

また、ゴムが柔らかく
低温で硬化しにくい性質となっています

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの
違いは、深い溝ですので、
慣れればすぐに見分けることができます。

車の窓が凍る原因と内窓の結露対策は?

スタッドレスタイヤのサイズの選び方は?
ノーマルタイヤと比較すると燃費や価格は?

摩擦を抑え、少ない力で
多くの距離を進むノーマルタイヤに比べ、

摩擦を増やし、しっかりと路面を噛む
スタッドレスタイヤは燃費の面では
絶対良いとは言えません。

 

しかし、燃費が悪くなったとしても
1割程度と、対して変わらないので、
そこまで気にするものではありません。

燃費よりも、安全面を意識して作ってあるので、

雪上や氷上走行の場合は
スタッドレスタイヤをおすすめします。

 

また、雪の時期を過ぎたならば、
ノーマルタイヤに交換しましょう。

スタッドレスタイヤの力が
最も発揮されるのは0度以下の時。

夏の熱い路面には弱いため、
すぐにダメになってしまいます。

 

価格はタイヤ1本5千円~5万円
幅広いので、予算に合わせることができます。

サイズの選び方は、使っている
ノーマルタイヤや車の種類を基準に

タイヤを販売している店にある
互換表を目安に選ぶようにしましょう

 

タイヤに詳しい人は、外径を変えずに
インチダウンする方法もあるようですが、

耐荷重などを考慮に入れる必要があるので、
スタッフに相談しましょう。

Sponsored Links

コメントを残す