玉ねぎを飴色に時短でする2つのコツ!ならない原因は時間のせい?

                         43adaed0010862eb47bb33a4cdffe564_s

玉ねぎを入れる料理に使う飴色たまねぎ

じっくりと炒める事で出来るものですが、
なかなか時間がかかります。

しかしこれが作れると美味しいカレーや
ハンバーグ、スープなどと活用出来て
風味や甘みが増してグンとおいしさがアップします。

玉ねぎを飴色にする時短テク!

なぜ炒めるとよいのか?
また、保存方法についてまでご紹介します!

 Sponsored Links


カレーにも使えるレンジを使った玉ねぎを飴色にする時短方法!

飴色たまねぎは「西洋のかつおぶし」とも呼ばれ、

洋食のメニューの多くに利用され、
コクや旨味といったもののベースになっています。

特にカレーに対しては、玉ねぎを飴色に炒めることで

カレーの味が決まる!とされるほど
実はとても重要なポジションです。

 

時間のかかる飴色玉ねぎ、
もっとも身近な「電子レンジ」で時短できます!

玉ねぎをみじん切り、もしくは薄くスライスします。

細かければ細かい程、薄ければ薄いほど
早く飴色たまねぎが出来ます。

玉ねぎの簡単みじん切りの方法や涙が出ないコツ

 

レンジ対応のお皿にキッチンペーパーを敷き、
その上にみじん切りした玉ねぎを乗せ広げ、
ラップをして600wであれば3分を目安に加熱

玉ねぎが透明になっていればOK!

その後フライパンへ移し替え、
油と炒めて1~2分ほどで出来ます。

新玉ねぎと玉ねぎの違いや特徴!

 Sponsored Links

飴色玉ねぎの作り方のコツは冷凍!?保存方法は?

我が家ではこのやり方が多いのですが、
「冷凍」してから炒める時短テクもあります!

玉ねぎをスライスやみじんにするのは同じですが、
そのままジップ付きの保存袋に入れて冷凍します。

凍ったままのたまねぎを油少々で
最後まで強火で炒めることで10分程で飴色になります

はじめは水分が出て来て不安になりますが、
焦げつかずに作れとても美味しくなります。

 

ただし冷凍までに3~4時間かかります。

夜使うならお昼頃から冷凍しておけば
夕飯には間に合わせる事ができ、
普段から冷凍しておくと便利ですよ!

多めに作って冷凍保存しておくこともできます。

冷めたらジップ付き袋に薄く押し広げて凍らせば
使いたい分だけ割って使う事も出来ます。

 

出来るだけ薄く広げる事がポイントです!

ドレッシングなどにも生で使うよりも味わいも甘みもあり、
炒飯などのアクセントにも使えますよ!

玉ねぎダイエットの効果と気になる糖質は?

玉ねぎを飴色になぜ炒めるの?ならない場合は時間が問題!?

玉ねぎは通常でも甘みを含んだ野菜で、
炒め続けると糖分がカラメル状になります。

糖とアミノ酸が反応し「メライノイジン」
という成分になり飴色の成分となります。

さらに水分が蒸発するので
甘みが凝縮されて組織もくずれることにより、

糖が直接舌に触れる様になることが
飴色たまねぎが甘くなる理由です

 

ちなみに炒めずに煮込んだだけでは
甘みが凝縮されず大きめに切って炒めても
それほど甘みは強くなりません。

また、フライパンで一般的に飴色玉ねぎを作る場合
20~30分炒めないと飴色になりません。

10分そこら炒めた程度では
飴色にはならずとっても根気がいります。

さらに、ずっと混ぜ続けなければならないので
時短テクニックを使って作るのです。

 

Sponsored Links

コメントを残す