手巻き寿司の卵の作り方!焼き方のコツ、切り方のポイントは?

                         temakizushi

今日は手巻き寿司!
という時には定番具材ですよね。

お子さんも大好きな具材の1つといえます。

卵はどう焼きますか?
甘い厚焼き卵?

厚焼きは焼くのが苦手だから
つい買って来ちゃう・・・

お料理初心者さんだとそんなこともありますね。

 

色々アレンジが出来る卵、
今日は手巻き寿司の卵についてご提案します。

お料理初心者さんも
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 Sponsored Links


フライパンを使った手巻き寿司の卵の作り方や焼き方は?

手巻き寿司の具材にする卵は、
厚焼きに焼くのが一般的に多い様です

一般的なお弁当に入れる様な
甘い厚焼き卵や出し巻きなど
各家庭によってもバラエティに富んでいます。

 

まず、卵焼き器を1つ購入しましょう。
これが一番綺麗に厚焼きを作るのにおすすめです。

1つ持っていると何かと重宝して、
少量の調理などにも使えて

我が家では卵を焼く以外にも大活躍します。


 

卵焼き器を温める前に卵焼きの用意をしましょう。

卵の色を均一に焼くコツは、

卵の黄身を支えているカラザは取り除き、
調味料類を入れ、白身をしっかり切る事!

 

卵焼き器に油を入れた後に火をつけ、
一旦、軽く煙りが出る程度まで温めます。

油がサラッとしたところで無駄な油は
キッチンペーパーで拭き取り、
火を弱めて初めて卵液を入れます。

 

そして3回に分けて焼いて行くとよいでしょう。

調味料を入れた卵焼きは強火にすると
焦げ付きますのでじっくり弱火で火を入れます。

 

手前から先へと三つ折り、卵液の量にも
よりますが大きめの厚焼きにする場合は

二つ折りし、油を拭ったペーパーで
油を塗り、卵液を足していきます。

折った卵焼きの下にも卵液を流すと
つなぎが綺麗になります

それを繰り返すだけです。

 

フライパンで作る場合も同様ですが、

四角く焼くには難しいので、
幅の広い卵焼きを焼く感じで焼いて行きます。

手巻き寿司用の卵の切り方は?

切り方は好みでよいと思いますが、
巻きやすさを考えてみましょう。

手巻き寿司をする際の海苔のサイズです。
そのサイズに合わせた長さを目安にします

多少長くても具沢山な感じがして
それもいいと思います!


 

厚さも目安はコンビニなどの
助六寿司(太巻き)などに入っている様に

細めに切ると巻きやすさはあると思いますが、

もっと豪快に!
とお考えならば厚めでも
そこは好みでよいと思います。

 

特別決まりがないので、ご家庭の色に
合わせた厚さや長さで楽しみましょう!

 Sponsored Links

手巻き寿司の卵の味付けレシピ

シンプルだけれど美味しい
手巻き寿司の卵のレシピをご紹介します。

お弁当やちらし寿司の具材にも使えます。

あくまでも目安なので後はご家庭に合わせて
甘みなどを調節してくださいね。

 

・材料

卵(M)・・・3個
酒・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1
塩・・・少々
サラダ油・・・適量

 

Sponsored Links

コメントを残す