チンゲン菜の栄養を損なわない食べ方は炒め?おひたし?保存期間は?

                         チンゲン菜のイラスト

私たちが日頃なんとなく食べている食事、

その食材の栄養を知ることは
健康を保つ上で必要なことだと思います。

そこで今日は野菜の栄養

チンゲン菜」を取り上げ、
効果など紹介したいと思います。

 Sponsored Links


チンゲン菜の栄養や効能その効果や気になるカロリーは?

チンゲン菜は中国野菜の1つで、
今では日本でも最もポピュラーな野菜です。

アブラ菜科アブラナ属の野菜で、
日本に入って来たのは1970年代とされています。

カロリーは100gあたり13kcalと低く、
味にクセがなく、わりと通年出回っているので、
ご家庭の食卓にあがることも多いと思います。

 

栄養についてはカロリーを見てもお解りの通り、
低カロリーで突出した栄養素はありませんが、

βカロテン 2000μgを含む
緑黄色野菜の1つであり、

ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維、
などをバランス良く含んでいる野菜です。

 

・ビタミンC 45 mg
・カルシウム 105 mg
・カリウム  252 mg
・鉄分    0.8mg
・食物繊維  1g

 

主に皮膚や粘膜の保護、眼精疲労の回復、
抗酸化作用や免疫力向上などに効果があり、

アブラナ科の野菜に多く含まれ、
咀嚼することで細胞内の分解酵素と結合して

生成されるイソチオシアネートという成分は
抗がん作用が期待でき注目されています。

 

チンゲン菜の効果・効能

免疫力向上、感染症の予防、
生活習慣病の予防、老化防止、
がん予防、眼精疲労の回復

 Sponsored Links

チンゲン菜の栄養を逃さない食べ方はおひたしは?炒めは?

チンゲン菜は緑黄色野菜であるため、

βカロテンを含み油と摂取することで
効率よく栄養を取り入れる事ができます。

 

おひたしなどにしてしまうと、
ゆで汁の中に栄養が流れ出てしまう為
おすすめできません。

おひたし風にいただくのであれば
電子レンジで加熱し、少量のゴマ油を
垂らしていただくのがよいでしょう。

 

主に炒めものやスープなどが多いと思いますが、
汁ごと摂取すると栄養を取り込みやすいです

スムージーに入れるという方も、
ほんの少しオリーブオイルなどを入れると
栄養を逃さずいただくことができます。

チンゲン菜の栄養を逃さない保存期間は?その方法は??

どんなものでもきちんと保存をしないと、
通常よりも鮮度が日1日と落ちて行くもの。

チンゲン菜は特に葉もの野菜に準じ
なるべく新鮮なうちに使い切るほうが望ましいです

 

料理に使うまでは乾燥させない様に
塗れた新聞紙などに包んでポリ袋などに入れ、
野菜室に立てて入れる様にしましょう。

賞味期間として鮮度にもよりますが、
購入からおおよそ4~5日程度といったところです。

 

冷凍保存も可能で
葉の部分と厚みのある根元部分と分け、
水洗いした後、ザルなどで1時間程度置いて、

よく水気を落とし密閉袋に入れて保存し、
1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

調理する時は解凍せずにそのまま調理します。

 

Sponsored Links

コメントを残す