とぎ汁を使った洗顔方法!ニキビ対策や美肌効果のあるやり方は?

                         米とぎ汁の画像

皆さんはお米のとぎ汁
どのように使用していますか?

ほとんどの方がそのまま
捨てて終わりだと思いますが、

米のとぎ汁は洗顔に使用できる
素晴らしいものです。

そこでとぎ汁での洗顔の使用方法や効果、
保存期間などについてみてみましょう。

 Sponsored Links


米のとぎ汁での洗顔方法ややり方は?

米のとぎ汁洗顔はとても簡単です。

①たっぷりの水でお米を洗い、
 手早く水を切ります。

②米粒どうしをこすり合わせるように
 2~3分とぎます。

③といだお米に水(3合に1カップが目安)を入れ、
 よくかき混ぜます。

一番最初に出来るトロトロとした一番とぎ汁が
 美容成分豊富ですので、これを洗顔に使いましょう。

以上がとぎ汁洗顔の作り方になります。

新米の炊き方のコツ!土鍋や圧力鍋で炊く時の水の量は?

 

次に洗顔方法について紹介します。

①米のとぎ汁に人肌のぬるま湯を
 入れて1.5倍に薄めます。

 そのままだと刺激が強いし、ぬるま湯のほうが
 毛穴の奥までしっかりと洗えるからだそうです。

②ぬるま湯か米のとぎ汁のどちらか一方で
 顔全体の汚れをさっと落とします。

③汚れやメイクを落としたら仕上げ洗いに
 パシャパシャととぎ汁で洗います。

 

注意点は優しくそっと洗うことや、
下から上へなでるようにすることです

 Sponsored Links

とぎ汁の洗顔にはどんな効果があるの?

とぎ汁の中に含まれている成分は、

ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、
フェルラ酸・オイレン酸、フィチン酸

などといった美容成分が入っています。

 

ビタミン類の働きにより
肌の新陳代謝を活発にさせ

シミ・ソバカスをなくす美白効果があり、
実際にシミが薄くなったという方もいます。

個人差があるようですが、使用し始めて
3~6ヶ月ぐらいで効果がでてくるようです

 

さらに抗酸化作用により
ニキビの予防にも効果がありますので

ニキビにお困りの方は是非一度
試してみてはいかがでしょうか?

ビタミンEにはお肌の老化を防ぐ働きがあり、

セラミドには皮膚を保護し
保水力を維持する働きがあります。



 

また米のとぎ汁はスクラブ洗顔でも
効果を発揮することができます。

市販されているスクラブ洗顔は

粒子が荒く、古い角質だけではなく
新しい角質をもとってしまうので

肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 

しかし、米のとぎ汁は
天然のピーリング剤と言われており、

細かくソフトな粒子が
古い角質を優しく剥がしてくれます

洗顔だけではなく入浴剤やパック、
さらには飲料としても使用でき、

これら全てお肌にとても良い効果が期待できます。

とぎ汁洗顔の保存期間はどれくらい?その保存方法は?

米からできた汁ですのでとぎ汁はナマモノですし、

天然の分痛みも早いですので
できるだけ早く使い切るのが一番です。

すぐに使わない場合は蓋のついている容器に
とぎ汁をいれて冷蔵庫で保管をしてください。

 

それでも保存期間半日~1日程度と
短めですので有効活用しましょう。

今のように洗顔フォームなどがなかった昔は
米のとぎ汁を使っていたようです。

最後まで有効活用できるとぎ汁は素晴らしいですね。

 

Sponsored Links

コメントを残す