トマト鍋におすすめな具材や作り方!気になるカロリーやしめは?

                         501c067084a4ee028689e238172be0c9_s

赤い色が食欲そそるトマト鍋

洋風でイタリアン風な感じでいただけ、
しめまで楽しめる美味しい鍋の1つです。

トマト鍋とは言えど、
その作り方は一体どうすればいいのか?
ベースになる味も気になります。

そこで人気のトマト鍋の作り方や
人気の具材やしめまでご紹介します。

 Sponsored Links


トマト鍋の作り方!使う材料や具材は?

トマト鍋を作る時は、やはりトマトの濃い味が必要です。

生のトマトは具材として入れますが、
これをベースにすると薄くなってしまいます

トマト鍋のスープを入れてしまってもよいですが、
味の濃いトマトジュースやトマトピューレ、
ホールトマト缶を使って鍋のスープにしましょう。

ベースになるダシ部分はコンソメが主流で、
さながらミネストローネの様なイメージです。

オリーブオイルを鍋にひいてニンニクスライスやを入れて
焦がさない様に炒めると香りや風味がアップします

トマトの酸味を和らげて消す方法や飛ばし方は?

 

使う具材にはトマトと相性のよいものならどんな物でもよく、

野菜ならキャベツやニンジン、玉ねぎ、じゃがいも、
肉類ならば鶏肉やウィンナー、ベーコン等が人気です。

きのこ類もしめじやエリンギ、マッシュルームなど
好みの種類を入れて楽しみましょう。

他にも海老やイカ、アサリなど海鮮類も合うので
鍋のメインを肉系か海鮮系にするか?

方向性を決めて作るといいです。

トマトソースの簡単な作り方と保存方法!

トマト鍋のカロリーはどれくらい?

トマト鍋のカロリーとは一体どれほどか?
具材や使用した調味料類などでも大きく変わります。

例えば市販のトマト鍋の汁で参考にするなら、
トマトジュースで有名なカゴメで販売している
カゴメ 甘熟トマト鍋スープでご紹介します。

内容量は750gの様ですが、
公式では214g当たりのカロリーは96kcal

ここに具材のカロリーが加わります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

キャベツなどの葉もの類はカロリーが低いのでよいですが、
ウィンナーは1本約55kcal程あります。

一般的に野菜主体としたら
1食およそ380kcal程度でとどめる事はできます。

しかし、しめにリゾットなどにした場合は食べ過ぎ注意になりそうです。

とはいえ、野菜を多く取入れれば
かなりヘルシーで満足出来そうです。

トマトダイエットの効果!失敗しない2つの方法!

 Sponsored Links

トマト鍋のおすすめのしめはオムライスやリゾット!

トマト鍋の最後のしめは、
オムライスやリゾットが人気です。

本来、リゾットは水に浸しておいた生米を入れて
じっくりと火を入れますが、おじやと同じく簡単です。

仕上げに溶き卵を入れてふんわり仕上げ、
パセリを散らせば彩りもキレイです。

 

また、トマト鍋で作るオムライスもリゾットに近いです。

多くはモツァレラチーズなどを追加で入れ溶けた所に
溶き卵を加えて蓋をし、蒸らして仕上げます。

本来のオムライスとは異なりおすすめです。

 

Sponsored Links

コメントを残す