とうもろこしのおいしい茹で方!しわにならない方法や茹で時間は?

                         とうもろこしの画像

夏の風物詩である「とうもろこし」

スーパーなどでは皮付きのまま並び、
いつもの缶詰や冷凍ではなく、

茹でたてや焼きたてで食べたいな・・・
と購入することありますよね。

旬な時期にはぜひ、お家で茹でてみませんか?

美味しく茹でる方法は?
シワシワにならない茹で方は?

とうもろこしの茹で方やあれこれ、ご紹介します!

 Sponsored Links


とうもろこしがしわにならない茹で方は?

とうもろこしを多く茹でたらシワシワになって
瑞々しさも半減してしまった経験はないですか?

しわしわにしてしまうには原因がいくつかあります

・茹でる前、保存の際に皮を剥いてしまった
・冷める間に水分が奪われる
・鮮度

 

とうもろこしは
ひげによって水分を保持しているので、

ゴミは出ますが買ってすぐに加熱しない場合は、
皮付きで購入したほうが鮮度をある程度保てます。

とうもろこしのカロリーや栄養は?

 

また、熱々は食べにくい事から
冷めるまで置いておく事がありますが、

湯気と共に水分を奪われ

さらに鮮度が落ちているものはそのもの自体、
水分が不足しているので

茹でて直ぐにでもしわになってしまうものがあります。

 

しわにならない様にする方法は、

鮮度のよいうちに茹でる
熱いうちにラップをして冷ます

この方法がよいとされています。

茹であがったら塩を入れて溶かし、
蓋をして数分置いてから取り出します

そしてラップをすることで水分を保持したまま
プリっとした粒のまま食べる事が出来ます。

 Sponsored Links

とうもろこしの美味しい茹で方や茹で時間は?

とうもろこしの美味しい茹で方は
好みによって茹で方を変える事がおすすめです!

・シャキっとした食感
・ジューシーさ

「ためしてガッテン!」で紹介されていた
方法がとても美味しく茹でられると言われています。

 

シャキっとした食感の場合

1.皮をむいて沸騰した湯にとうもろこしを入れる。

2.加熱時間は3~5分!それ以上茹でない。

3.ハシでたまに転がしてムラなく茹でる。

4.ゆで上がったらすばやく取り出す。

 

ジューシーに茹でる場合

1.皮をむいて水の状態から茹でる。

2.沸騰後3~5分、ここでもそれ以上は茹でない。

3.すばやく取り出す。

 

とうもろこしの澱粉が糊化(こか)する際に
水分を多く必要とするため、

水から茹でる事でじっくりと水の温度があがって
加熱される事でたっぷりと水分を含み
甘みとジューシーさを持ったゆで上がりになります。

 

鍋に入らないときのとうもろこしの簡単な茹で方は?

簡単な方法といえば
「電子レンジ」を使わない手はありません!

加熱しすぎてしまうと水分が奪われて
スカスカになってしまいますが、

少しのコツを掴めば便利で簡単に美味しく出来ます。

 

レンジで加熱する場合は皮をむき、
よく洗った後に塩を少し擦り込んで。

1本ずつラップでぴったりと包んで、
片方3分、返して3分合計「6分」

そのまま余熱を使うので5分そのままに。

 

しかしサイズによったり品種によっても
異なるのであくまでも目安で。

鍋に入り切らない場合は半分にして
レンジで加熱をおすすめします!

鍋で茹でる場合も半分に折っても大丈夫です!

 

Sponsored Links

コメントを残す