椿油の使い方は白髪防止以外に肌のスキンケアにも効果抜群!

                         椿

椿油と聞いて想像するのは、
髪につけるものだと
考える方は多いのではないでしょうか?

古くから親しまれており、
ドラッグストアなどへ行くと
椿油のヘアケア商品をよく目にします。

現在は整髪料だけではなく、
スキンケア商品としての役割も持っており、
再び注目されるようになってきました。

そんな昔馴染みのある椿油の使い方をみていきましょう。

 Sponsored Links


椿油はフケや白髪防止になるのか?またその使い方は?

椿油は髪に良いといいますが
フケや白髪防止にもなります

なぜフケや白髪防止の効果があるのか?

というと、椿油には
テオフィリンという成分が含まれているからです。

頭皮の乾燥によるフケの3つの対策!

 

その他にも、このような効能があります。

・髪を艶々にするビタミンE
  微量ながら含まれている

・髪を保護する役目もあるので
 紫外線やドライヤーなどの熱からダメージを
 受けないよう髪を守ってくれる

しっかりと髪を保護してくれる効能ばかりで
女性にとってとても頼もしい物ですね。

 

使用方法は以下の通りです。

1.シャンプーをする前に椿油を
  頭皮につけ優しくマッサージをします。

2.5分ほど放置します。
(放置することによって椿油が髪全体に広がるそうです)

3.お湯でしっかりと洗い流しシャンプーを2回します。

※しっかりと椿油を洗い流しておかないと
 シャンプーの泡立ちが悪くなります。

 

ガシガシと洗わず指の腹を使って
シャンプーをしてください。

週1回程度でかまわないので
溜まった汚れを落としましょう。

 Sponsored Links

スキンケア用の椿油の効能・匂い・使い方は?

椿油に含まれている
オレイン酸という成分があります。

オレイン酸は不乾性油
保湿力が高く蒸発しにくい油となっています

髪につけると痛んだ髪の毛を
高い保湿力で潤す効果があるので、

オレイン酸は椿油の重要な成分です。

 

髪の毛だけなのか?と思うでしょうが、
このオレイン酸はにも最適なのです。

髪と同様に肌も潤いがなくては、
ハリも艶もないパサパサした感じになります。

しっとりとした肌に近づける為にも
保湿力の優れたスキンケア商品を使いたいですよね。

 

椿油のスキンケア商品を使うと
UVケアとしての役割を持ち、肌が受ける
あらゆるダメージを抑えることができます。

さらに乾燥肌や老化肌にも最適だそうです



 

気になる匂いですが、椿油には
独特な香りがありそれが苦手だという声があります。

しかし最近ではほとんど無臭だったり、
バラの香りがするものもあったり・・・

と様々な商品が発売されています。

 

お手入れはとっても簡単です!

1.顔を洗顔し、化粧水をつける

2.椿油を少量手に取り肌の気になる部分に塗る

3.塗ったところをマッサージする

たったこれだけで潤いのある肌になりますので
ぜひ使ってみてください。

 

食用椿油の使い方やその効果は?

ここでもオレイン酸がでてきますが、
血中コレステロールを下げる働きも持っているので

コレステロール値が気になる方にはもってこいの物です

一般の油に比べて熱の伝わりが早いので

時短調理が可能なうえ、
劣化しにくい特徴もあり残り油で調理ができます

 

昔はこの椿油を使って
天ぷらを食べていたそうですが、

現在はたくさんのアイデア料理がでていますので
いろいろ試してみてはいかがでしょうか!

 

Sponsored Links

コメントを残す