海ぶどうの栄養やカロリー!食べ方は洗うの?保存や賞味期限は?

                         海ぶどうの画像

沖縄料理店や居酒屋、沖縄物産展、
極稀にスーパーでも見かける海ぶどう

プチプチとした食感がおいしい海藻ですが、
お土産でいただいた!

・・・なんてこともありますよね。

 

海ぶどうってどんな栄養があるのでしょうか?
食べると塩分を感じることも・・・。

今日は、海ぶどうの食べ方などについて紹介しましょう!

 Sponsored Links


海ぶどうの栄養成分やカロリーはどれくらい?

海ぶどうとは、イワズタ科イワズタ属の海藻で、
正しくは「クビレズタ(括れ蔦)」といいます。

沖縄や南西諸島などの温かい気候の
比較的浅い砂地に生息しています。

 

見た目がぶどうに似ている事から
「海ぶどう」の名前で広まり、

他にグリーンキャビアなどとも言われています。

カロリーは100gで4kcalしか無く
ほとんどが水分

 

特化している栄養

βカロテン  120μg
炭水化物  1.2g
ビタミンK  35μg
葉酸  4μg

 

無機質部分が主で

ナトリウム   330mg、
カリウム    39mg、
カルシウム   34mg、
マグネシウム  51mg

と五訂日本食品標準成分表に表示されています。

 

海ぶどうから抽出される「カウレルパラセモサエキス
という成分は美肌によい成分とされ、

肌の新陳代謝を底上げする
とされていますので、美容にとってもよい食材です。

 Sponsored Links

海ぶどうの食べ方は洗う?茎も食べれるの?塩分が強いときは?

海ぶどうはプチプチとした食感が命ですので、
生のまま食べるのがおすすめです。

お刺身として食べる方法が最も適していて、
さっと水洗いをした後、

ポン酢やドレッシング、マヨネーズや醤油
といったものを「付けて」食べる様にしましょう。

 

何かに漬けておくと
プチプチとした部分がしぼんでしまい、
せっかくの食感を損なってしまいます。

また、もそのままいただけますので、
プチプチだけ外すといったことも必要ありません。

 

水洗いしただけでは塩分が残り
塩辛く感じる事があります。

その場合、水で20~30秒程度の塩抜きを
2~4回行い水分をよく切って食べましょう。

 

また、塩蔵海ぶどうなどというものもありますが、
水や氷水で塩をすすぎ洗いして、

別に用意した水や氷水に
2~3分付けておくともどります。

戻る間、水分を含みうごく様は
生きものなんだなぁと感じますよ!

海ぶどうの賞味期限は?保存方法はどうするの?

海ぶどうは非常にデリケートな海藻で、
高温でも低温でもすぐにしぼんでしまう程、

温度に敏感です。

適温は20度~25度なので
冷蔵庫保存はNG!常温が適しています

 

お取り寄せなどした場合は
発泡スチロールに入って来ると思いますが、
緑が薄くなってしまっていることがあります。

直射日光は避け、蛍光灯などに
2~3時間当てるだけで緑が戻ります。

保存する場合は透明なタッパーなどに入れ、
テーブルの上などに置いておけばよいでしょう。

 

賞味期限は収穫された日から1週間

いつ摘み取ったものかにもよりますが
それほど長期保存は出来ないので
頂いたら早めに食べる事をおすすめします。

 

Sponsored Links

コメントを残す