羽毛布団の選び方!表示ラベルのランクの違いや価格・寿命は?

                         羽毛布団の画像

軽くて温かな羽根布団

購入する時にどんな点に注意して
選べば良いか迷いますよね。

手頃な価格で買えないか?これは買いだ!
と思っても、本当にこれはいい羽根布団??

今回は、羽根布団の選び方について
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


羽根布団のラベルに表示されてるランクの違いは?

羽毛布団に使われる羽根に、表示には

高級なハンガリーグースの羽毛と記載があるのに、
実際の中身は中国産のダックダウンだった!

という事も非常に多い様です。

 

また、羽毛の洗浄工程を
きちんと行っているメーカーであるか?

ここも羽毛布団を選ぶ必須条件です。

案外と羽毛の洗浄を省いているところもあり、
これによって大きな違いが出て来るといいます。

それをチェック出来るのが「品質表示」
日本の羽毛製品には品質表示にランクがあります

 

日本羽毛製品協同組合の品質基準
(組成混合率、嵩高性、洗浄度など)に合格したものを使用し、
適正な縫製で仕上げられていることを表示しています。

 

羽毛の表示ラベルには4段階

・黒:プレミアムゴールドラベル(440dp以上)

・ピンク:ロイヤルゴールドラベル(400dp以上)

・赤:エクセルゴールド(350dp以上)

・黄:ニューゴールド(300dp以上)

「dp」とはダウンパワーといい、

羽根の膨らみを数値にしたものをいい、
羽毛布団を選ぶ際のポイントになります。

フローリングや畳、ベットに敷く時にカビ対策は?

 Sponsored Links

羽毛布団の選び方は西川で間違いなし?ニトリはダメなの?

羽毛布団といえば「西川」
言われる程、国内大手メーカーです。

東京西川京都西川といった
西川ブランドは信頼の出来るメーカーです。

 

羽根布団を選ぶなら間違いありませんが、

西川ブランドであっても
海外で製造した羽毛布団があります

羽毛を包む布団の側だけを海外で行い、
羽毛充填は国内で行って日本製としている事もあり、
「国産生地使用」と記載があれば国産とわかります。



 

リーズナブルで購入出来る点で「ニトリ」などがありますが、
洗濯も出来て手軽であると割と人気です。

「かるふわ羽毛布団」でダウンパワーが200

お値段があがって「完全二層式羽根布団」なら
グースダウンの使用をしていて、とても温かそうですが

日本羽毛製品協同組合の品質表示がありません。

 

しかし、実際には使う人の好みや、
使用実感は異なりますし

ニトリで出している温かさが高い羽毛布団でも
充分であるという声もあがっています。

羽毛布団のお手入れ方法!干す間隔や洗濯の注意点



羽毛布団の選び方で価格や寿命の目安ってあるの?

羽毛布団を購入する際、価格帯の目安は?
実際にはピンからキリです。

西川チェーンの通販などでは、
シングルサイズの430d

ポーランド産マザーグースを使った
羽毛掛け布団で70,000円です。

 

また、羽毛布団の寿命ですが

干してもふんわりせずへたりが出て来たら
寿命を迎えている事が多いです。

羽毛布団で10~15年
掛け布団で5~10年
敷き布団で3~5年といいます。

 

Sponsored Links

コメントを残す