羽毛布団の寿命はどれくらい?長持ちさせるお手入れや打ち直しとは?

                         羽毛布団の画像

「羽毛布団は一生もの」
などと言われた時代がありましたが、

実際には寿命というものがあります。

出来るだけ長く利用が出来る様に
正しいお手入れ方法を知っておく必要があります。

今回は、羽毛布団の寿命や、
手入れ方法など合わせてご紹介します。

 Sponsored Links


羽毛布団の寿命はどれくらい?打ち直し価格は?

羽毛布団の寿命は

羽毛を包む側生地羽毛
両方の寿命を考える必要があります。

ともに合わせて羽毛布団といいますが、
一般的に羽毛布団の寿命は
使用頻度にもよりますが15年程度といいます。

ただし羽毛布団にきちんとカバーをし
適度にお手入れをするなど

丁寧に使用した場合に限ります。

羽毛布団のお手入れ方法や干す間隔は?

 

「羽毛」自体には30年以上の寿命があり、
さらには羽毛の種類によっても異なります。

希少性の高いマザーグースアイダーダックダウン
耐久性・保湿性に優れています。

 

なるべくいい状態を保つには、
羽毛布団をおよそ7~10年程で

打ち直し(リフォーム)すると
新品同様に戻り状態よく使う事ができます。

丸洗いとは異なり、羽毛を取り出して洗浄し、
外側の側生地に入れ換えるという方法をいいます。

 

買い替えするよりも経済的で、
例にあげると西川の場合では状況にも寄りますが、
シングルサイズで40.000~50,000前後で可能な様です。

羽毛布団の選び方!表示ラベルのランクの違いは?

 Sponsored Links

羽毛布団の手入れはクリーニングより自宅で洗濯の方がいい?

羽毛布団のお手入れ方法は「水洗い」が必須。

ボックス型に縫製されている羽毛布団であれば
自宅で水洗いして天気のよい日に日向で干すか、

コインランドリーで洗濯から乾燥まで行うこともできます。

失敗しないコインランドリーで羽毛布団の洗い方!

 

クリーニングは油を使う事が多く、
羽毛にとっては劣化の一途・逆効果です。

また、クリーニングで行った場合の費用は
シングルでもおよそ10,000円近い料金がかかります。

自宅で洗濯すれば布団を入れるネットの購入と、
家にある洗剤と柔軟剤程度です。

 

自宅での洗濯が不安な場合には、
クリーニングでお願いするとよいですが、

お願いする場合には水洗いでお願いする様にし、
断られたら別な店舗にお願いしましょう。

羽毛の本来の性質をわかっている店なら、
希望通りのクリーニングを行ってくれます。

 

 

ニトリの羽毛布団の寿命は短い!?

自宅で洗濯が出来るニトリの羽毛布団は

価格もリーズナブルで手軽に購入でき、
衛生的なので人気があります。

羽毛は中国産で
「臭いが気になる」との口コミが多数あるものの、

品質よりも値段というのであれば、
それなりの温かさは持っている様です。

 

実際に店舗で確かめてみるのもよいですが、

羽毛布団だけは値段に見合った温かさと
実感がついて回る様な傾向です。

 

Sponsored Links

コメントを残す