ウィルス性胃腸炎の感染経路や潜伏期間!感染性胃腸炎との違い

                         055341

病院や食堂、学校などでの集団感染が
注目を集めるウィルス性胃腸炎

ニュースを見ると、ウィルス性胃腸炎代表の
ノロウィルスやロタウィルスの名前が登場します。

ウィルスに感染すると下痢などの
症状が出ることは知られていますが、

予防法や対処法などは
知らない人が多いのではないでしょうか?

今回はウィルス性胃腸炎の感染について
まとめてみました。

 Sponsored Links


ウィルス性胃腸炎と感染性胃腸炎との違いはなに??

感染性胃腸炎は大きく分けて、
ウィルス性胃腸炎細菌性胃腸炎に分類されます。

細菌性胃腸炎は、夏場などに多く、
食中毒という言葉で表されることが多いです。

原因となる食べ物を食べてから
5~72時間で発症し、
加工品や肉、卵などに「あたる」と表現されます。

 

サルモネラ菌や、カンピロバクター、ボツリヌス菌という
名を聞いたことがある人も多いでしょう。

熱を加えると死滅することが多いので
きちんと熱を通し、低温では繁殖しないため

夏場にお弁当を持ち歩く際は
保冷剤を入れるなどがよく言われています。

食中毒予防・対策に大事な3つのポイント!

 

ウィルス性胃腸炎はというと、
下痢や嘔吐といった症状が中心で、
どちらかというと秋~春にかけて流行します。

代表的なものとして
ノロウィルスロタウィルスがあげられます。

 Sponsored Links

ウィルス性胃腸炎の感染経路や潜伏期間は?

ウィルス性胃腸炎は、ウィルスのついた
水や食品を食べることによって感染する経口感染

感染者の嘔吐物に触れて感染する接触感染

そしてその嘔吐からの飛沫が空気中を
漂って感染する経口感染などがあげられます。

 

ウィルス性胃腸炎のウィルスは感染力が強く

ロタウィルスは10個以下の
ウィルスで感染してしまうほど

嘔吐物への対応も特異で、
エタノールでは効果がないため
次亜塩素酸ナトリウムで行わなければなりません。

 

潜伏期間は、
ノロウィルスが24~48時間
なのに比べて、

ロタウィルスは24~72時間

便1グラムにウィルス1億個もいるとされていますので、
症状が出始めてからは二次感染の予防に努めましょう。

 

下痢などの症状が治まったあとも、
便にウィルスが含まれているため

一週間程度は手洗いなど
いつも以上にきちんと対策をとるようにします。

ウィルス性胃腸炎の予防方法は?

エタノールが効果を持たないため、

地道に手洗いうがいをすることが
一番の予防方法です

 

ロタウィルスについていえば、
免疫力の低い乳幼児がよくかかることから

それを防ぐためにワクチン
すでに開発されています。

諸外国では定期予防接種の
対象となっていますが、

日本で使用可能になったのはここ最近の話

 

任意の予防接種ではありますが、
死亡事例も多いので、予防接種を
受けることも考えておくべきでしょう。

生後6か月までに2~3回受ける必要があり
摂取可能な期間や、同時摂取する
ワクチンも決められているため、

かかりつけの医師と相談し、
予防接種を受ける場合は早めの決断が大切です。

 

ワクチンの種類で異なりますが、
料金は1万円~1万5千円程度。

都道府県や市町村の助成がある場合も
ありますので、確認することをおすすめします。

 

ノロウィルスに対しても、
少ないウィルス量でも感染し、

急性胃腸炎の約半分を占める!

という症例の多さもあって
ワクチンの開発が進められてきました。

 

2014年に入り、武田製薬がワクチンの
臨床実験に成功したことは非常に大きな一歩です。

日本での運用には
まだ数年かかると言われています。

海外では死に至るケースもある病気と
認識されていますので、

日本でもノロウィルスでの死者が
出ないうちに運用されることが望まれます。

Sponsored Links

コメントを残す