ウィルス性胃腸炎後の食事はいつから?子供と大人でも違うの?

                         015843

冬場に多いとされているウィルス性胃腸炎

病状が一旦治まった!

と思って調子にのって食べてしまうと
ぶり返すとされていて、
食事のタイミングが難しいものです

 

ウィルス性胃腸炎になった時、
その後の食事はいつから摂ってもよいのでしょうか?

そしてどの様なものなら食べられるものでしょうか?

今日は、ウィルス性胃腸炎の食事について
お話したいと思います。

 Sponsored Links


ウィルス性胃腸炎の食事はいつから大丈夫?子供は?

ウィルス性胃腸炎の症状は、

腹痛・下痢・嘔吐・発熱
といったものが主症状です。

食事のタイミングは、
その症状の見極めがポイントになります

 

まず、ウィルス性胃腸炎の症状は、
激しい腹痛に見舞われる事から

様々な症状へと病状が
出て来る事が多いと思います。

他の症状である下痢嘔吐は、
異物(ウィルスなど)を体の外へと排出するための
働きで、出し尽くせば自然と治まるものです

 

そこで食事のタイミングですが、
稀なケースでない限りはこうした症状は

3~5日で治るもので、

治った!と思った所が最大のポイントになります。

ウィルス性胃腸炎の感染経路!感染性胃腸炎との違い

 

この時期は痛んだ胃や腸の修復期間でもあります

食事や運動など始め消化という
負担をかけてしまうとぶり返す原因になります。

そこで痛みや下痢が治まってきたな・・・。
というとろこで段階を作って食事を戻して行きます。

 Sponsored Links

 

まず第1段階は水分のみ

つぶ等が入っていないジュースやお茶。

食欲が戻って来ていたら、
味噌汁やスープなどの上澄みだけを飲みます。

 

熱も痛みも吐き気も下痢も何も無く、
お腹が空いてしょうがない!

という状態になるまで
次のステップには進まないのが無難です。

『何も症状がない』という1日を過ごす事がポイントです

 

第2段階で流動食

調子が悪くなければ果物やスープなどで
9割が水分で占める食事、

さらに問題がなければいつもの食事へと戻します。

 

子供の場合には、本人が食べたい!

という気持ちになるまで水分と塩分が
ある程度摂れていれば大きな問題はありません

子供も同様で、水分塩分がある程度
摂れていれば、問題はないと考え、

それすらも難しい場合には脱水症状
起こす可能性があるので受診しましょう。

ウィルス性胃腸炎の時の食事はバナナやヨーグルトがおすすめ!?

ウィルス性胃腸炎を発症してから、病状が
落ち着いたら食事をすることをお勧めします。

「何か食べておいたほうが・・・」
と思う方もいらっしゃいます。

 

実際、ウィルス性胃腸炎に
かかった方なら分かると思いますが、

病状が落ち着くまでは、
食べたいという気持ちや、お腹が空く
といった感じは一切沸かないと思います

ウィルス性胃腸炎の潜伏期間から完治までの期間は?

 

回復期の段階で、消化のよい
バナナやヨーグルトは食べても問題ないと言えます。

お子さんの場合には
バナナを裏ごししてあげるとよいでしょう。

 

コンビニでも買えるウィルス性胃腸炎の食事は?

回復期に食べる食事は、
コンビニでも手に入ります。

お粥うどん豆腐そうめんなどは
そのまま食べると冷えるので、

レンジで温めて、めんつゆを入れれば
温麺風に軽く食べられますし、

豆腐であるため、胃の負担も軽くおすすめです。

 

Sponsored Links

コメントを残す