よしずとすだれの違いは?日よけ効果と節電対策UPする使い方!

                         a0027_001433

年々勢いを増していると感じる夏の暑さ

クーラーの稼働率が上がる一方だ!
という人も多いかもしれません。

そこで見直されているのが、江戸時代から
使われている自然素材のよしずです。

夏の風物詩として知られるよしずの
優れた点、そしてオイシイ活用術をご紹介いたします。

 Sponsored Links


よしずとすだれは似て非なるモノ?!違いは?

よしずとすだれは見た目も効果もよく似ています。

どちらも遮光&遮熱しながら風を通して涼をとる効果
また外部からの遮蔽効果もあります。

 

大まかには両者ともすだれなのですが、
主にすだれは細く割いた竹を綿糸で編んで作り、

よしずは葦(アシ)をシュロ糸で結んで繋げて作ります。

また、すだれは垂らして使うのに対して、
よしずは斜めに立てかけて使います。

最大の違いはその大きさです。

和風の木造住宅などで窓を覆うように
垂れ下がっているのを見かけますが、
それがすだれです。

 

海の家や露天風呂の仕切りなどで
見かける、壁や軒に立てかけてある
大きなサイズのものがよしずです。

壁まで覆うので、よしずの方がより断熱効果があります

 

よしずやすだれの日よけ効果はカーテンなどより優れもの!

室内に取り付ける遮光ブラインドやカーテンが
それ自体に帯びた熱を室内に放出してしまうのに対して、

室外に取り付けるよしずやすだれは
それ自体に帯びた熱を室内に入れることはありません

それどころか、よしずやすだれに
ちょっと水をかけたり、

日陰になった場所に打ち水をすれば
気化熱でさらなる涼が得られるのです。

 

またレースなどの薄手のカーテンに比べ、
よしずやすだれは遮蔽効果(目隠し効果)
あるのも嬉しい特徴です

室内(内側)からは外が見えますが、
外からは室内(内側)がほぼ見えません。
(夜間はこの限りではありません)

 Sponsored Links

よしず効果でエアコンの効き目が大幅UP&節電に!!

すだれに比べ、よしずは立てかけるだけなので
取り付けに手間がかかりませんし、断熱効果もあります

このよしずの長所を活かして、
エアコンの室外機にひと工夫する事によって、

冷房の効き目に大きく差が出て、
電気代の節約に繋がるということがわかっています。

 

そのひと工夫というのは

室外機の前に葦簀を立てかけるだけ!!

たったこれだけのことで冷房の効きが
見違えるように良くなり、無駄な電気を
使わないで済むのですから魅力的ですよね。

注意点は、室外機の温風の出口の前に
十分な空間をあける事

たまによしずに水をかけたりしても良いでしょう。

室内から出た熱気を冷やして循環させる事がポイントなのです。

 

風情あるビジュアルに粋を感じながら涼をとり、
なおかつエコで電気代節約に効果的なよしず!!

夏の強い味方だと思いませんか?

 

Sponsored Links

コメントを残す