ゆず茶のレシピと作り方!煮る時間を簡単にするにはハチミツ?

                         ゆず茶の画像

いろいろと使い道があるゆず茶

ゆずをたくさんいただいたり、
お家でゆずがたくさん実った!

そんな時はゆず茶を手作りしてみては
いかがでしょうか?

 

作り方はそんなに難しいものではありません。
作り置きしておくと色々な飲み方や使い方が出来ます。

では、ゆず茶の作り方についてご紹介します。

 Sponsored Links


ゆず茶の作り方とレシピは?ポイントは煮る?

秋も深まる頃から出回るゆず。

初秋頃にはまだ青いゆずが出回りますが、

ゆず茶を作る場合には
熟している黄色いゆずを使います。

 

柑橘系の皮には苦味があり、
これが苦手という方もいらっしゃいます。

ゆず茶を作る工程に
皮を1度煮て湯を捨てるので、

これである程度の苦味が消えて飲みやすくなります。

 

この時にあまりグダグダに煮過ぎてしまうと、

その後、砂糖を入れて煮込む際に
香りや風味が消えてしまうので、

1~2度、茹でこぼすだけに留めたほうが
風味のよいゆず茶に仕上がります。

ゆず茶の効能にはダイエット効果が!?カロリーは?

 Sponsored Links

ゆず茶のレシピはたくさん出回っていますが、
ここでは創作野菜料理シェフ土屋英明さん
レシピをご紹介したいと思います。

 

ゆず茶レシピ

材料

黄ゆず(中)・・・4個
グラニュー糖・・・ゆず皮の重量の70%(砂糖でも可)
蜂蜜・・・好み量

 

作り方

①ゆずを横半分にカットして果汁を搾って別に分けておく。

②種は取り除き、スプーンで白いワタの部分も
 取り除いて、皮部分のみの重さを量り、
 その重さの70%のグラニュー糖を果汁へ加える。

③鍋に皮とたっぷりの水を加え、沸騰したら湯を全て捨てる。

④水を入れ替えて再度沸騰したら
 火を弱めて10分煮て冷水に落とし熱を取る。

⑤④の皮を千切りにして鍋に戻し、
 果汁とグラニュー糖を加え煮立たせる。

⑥煮立ったら弱火にし10分程煮たら火を止める。

⑦味見をして甘み強くしたい場合は蜂蜜を足し、
 煮沸消毒した瓶に詰め保存する。

はちみつを使った簡単なゆず茶の作り方

茹でるのがちょっと面倒であったり、
ほんの少しの量を作る場合には、

ゆずの皮を茹でこぼす工程を
電子レンジで行う方法があります。

 

ゆずを半分にし、種は取り除いて、
耐熱容器に皮と身が付いたまま千切りにし、

砂糖やはちみつを入れて混ぜ
ラップをせずに500wのレンジで7分加熱する

という簡単な方法があります。

 

加熱をせずに作るという方法もあるので、
好みで作ってみましょう。

出来立てはさらっとしていますが、
冷めると固まって来ます。

砂糖で作るよりも
はちみつのみで甘みを付けるほうが

ダイエットにもなり風邪にも効果があるのでおすすめです。

ゆず湯の効能や効果!冬至に入る由来は?
 

ゆず茶のいろんな飲み方も試してみよう!

一般的にはスプーン2杯程度を
お湯で割る方法がありますが、

温かい紅茶に合わせたり、牛乳などにも合います。

 

お酒が好きな方は、焼酎割りに
ゆず茶を少し入れてみてください!

爽やかで飲んだ時に鼻に抜ける
ゆずの香りがホッとします。

 

Sponsored Links

コメントを残す