ホタテであたる?食中毒の症状や発症時間、防ぐための加熱時間は?

                         2a8f6fa2e7fec2e0aebdd515f2aa5ca7_s

ホタテを食べてあたる場合、
多くは食中毒を疑いますよね?

貝類であたる場合、
どれくらいで症状が出るものなのか?

今回はホタテであたった(食中毒)時の
症状や発症時間などご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


ホタテを食べてあたる(食中毒)症状や特徴は?

ホタテ以外の二枚貝を食べて起こる
下痢性貝毒という食中毒の1種があります。

これは激しい下痢と共に吐き気や嘔吐、
強烈な腹痛が同時に出る場合があります

消化器系の症状が主で後遺症や死亡したという
例はないと厚生労働省でも公表しています。

 

ちなみにこの下痢性食中毒は日本では起こっておらず、
ヨーロッパの大西洋沿岸や北海沿岸で
大きな中毒が起きた事があるのだとか。

対処法は水分補給しかなく3日程度で回復

これにあたった場合、
恐らく海外旅行などで食べたものと考えられます。

 

また、神経性貝毒というものもあり、
消化器系症状以外に口の中が痺れたり
運動失調や温度感覚の異常など神経障害が特徴的です

 Sponsored Links

ホタテにあたった場合の発症時間はどのくらい?

日本でホタテにあたった場合は貝毒ではなく
腸炎ビブリオやノロウィルスなどによるもの。

日本では貝毒に関して徹底調査を行い、
場合によっては貝の漁獲を停止するほどなので
引き起こす事がありません。

 

一般的な食中毒菌であたった場合は、
食べて発症する時間で違いがあります。

腸炎ビブリオ

・潜伏期間
8~12時間前後(最短だと2~3時間で発症もあり)

・症状
激しい腹痛や水様性
もしくは粘液性の下痢(稀に血便)発熱や嘔吐

 

ノロウィルス

・潜伏期間
1~2日程度

・症状
突発に起こる嘔吐、腹痛、水溶性の下痢

 

胃液の濃度や状態によって個人差はありますが、
例えば夜ホタテを食べて翌日の午前中に症状が起きた時、
腸炎ビブリオによる食中毒の可能性が考えられます

なお、食べて直ぐに症状が起きる場合は
細菌性ではなくアレルギーの可能性が非常に高いです。

その場合は唇や口の中、喉など粘膜に痒みや痛み。
腕など全身症状として蕁麻疹が出るなどみられます。

 

ホタテで食中毒を防ぐために加熱時間はどれくらい必要?

細菌性の食中毒を回避するなら加熱ですが、
ホタテのお刺身とか毎度加熱するのは残念ですよね。

・ノロウィルス
85度以上の熱で1分以上加熱

・腸炎ビブリオ
65度以上の熱で4~5分加熱

 

腸炎ビブリオは真水や酸にも弱いので、
軽くボイルした後に酢の物にするのも良さそうです。

外食だとなかなか見分け方が分からないものですが、
ホタテのお刺身を口に運んで
やけに生臭いものは却下した方が無難です。

Sponsored Links

コメントを残す