へそ毛の脱毛処理方法!カミソリやクリームなど注意点とは?

                         75550063c6a0f3c3d1950ae77e891d40_s

ムダ毛は何かと厄介で処理も大変です。

へそ毛は男性で言えばギャランドゥと呼ばれ、
何気に女性は不潔と考えてしまう様です。

しかし、そんな女性でもへそ毛が生えている方もおり、
案外と見落としやすい箇所でもあります。

剃ってしまえば濃くなるし、
どうしたら綺麗に処理が出来るのか?

今回はへそ毛の脱毛についてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


へそ毛の簡単な処理方法と注意点は?

へそ毛に限らずむだ毛処理は誤った方法で行うと
濃く見えてしまったり、肌荒れを起こしてしまい、
逆効果になってしまう事があります

中でも簡単に処理出来るT字カミソリは、
なんだかとっても悪い事の様に
言われている風潮になっておりますが、

よく切れるもので二枚刃などで、
1度の軽いストロークでしっかりと剃れるものであれば
肌を傷つける事なく行えます

カミソリ負けが起こる原因と早く治す対策は?

 

剃る前に肌を温めて、シェービング剤などを付けて
滑らせ肌への負担を軽くした状態で行います

その後はきちんと保湿を行う事でケアは出来ます。

強く刃を押し付けたり何度も肌の上を行き来してしまう事で、
色素沈着を起こしやすいので注意を

 Sponsored Links

女性のへそ毛の処理には脱毛クリームがおすすめ!?

へそ毛が生えているのは男性だけではなく、
女性であっても生えている方はいらっしゃいます。

カミソリでは直ぐに生えて来てしまい、
結果としてほぼ毎日の様に剃る必要性が出て来てしまい
肌に負担がかかる可能性はなきにしもあらず。

そこで負担を考えて行われる方法として、
脱毛クリームがあります。



 

毛を溶かし痛みがない方法ですが、
除毛剤自体で肌が負けてしまう方もいらっしゃいます

そうした敏感肌の方の場合は、
光脱毛などで徐々に薄くして処理された方がよいです。

ただ肌に問題がない方に関しては
使用する事も可能だといえます。

 

女性の場合には男性よりも毛が細いと思われるので、
比較的綺麗に脱毛することが出来るといえますが、

男性の場合は毛が固い事が多いので、
一度で脱毛する事が難しい可能性があります。

へそ毛の濃さにもよりますが、簡易的で持続性はないので
腹部を露出する2日前までに行う使い方となります。

必ずパッチテストを行い問題がないか?
また、放置時間も規定を守って行いましょう。

男性(メンズ)のすね毛処理!薄くするにはどれがいい?

へそ毛を抜くのはダメ?薄くする方法は?

数本ならば毛抜きで抜いてしまえ!と思いますが、

肌を温めて毛穴を開いた状態で行い、
頻繁に行わない様に気をつける様にしてください

毛抜きで抜くと肌への刺激となり、
皮膚の下に毛が迷い込んでしまう陥没毛
ブツブツと赤く炎症を起こす毛嚢炎を引き起こす可能性があります。

 

へそ毛がそもそも薄く柔らかい毛質ならば、
脱色して目立たなくするか、

日頃から豆乳ローションでお手入れし、
発毛を抑えるなどといったお手入れもあります。

手軽に行うと結果として、
こまめなお手入れが必要となりますが、

肌に負担がかからず綺麗にしたい場合には、
評判のよい脱毛エステの検討も
視野に入れて見るとよいかもしれませんね!

 

Sponsored Links

コメントを残す