汗疱の治療!特に子供は注意!病院は何科?漢方は効くの??

                         Print

ふと手を見ると、小さな水疱が
ぽつぽつとできていた!!

・・・何てことはありませんか?

特に痒くなかったとしても、
それは汗疱と呼ばれる症状かもしれません。

再発も多いと言われるこの水疱!!
どう対処すればいいのでしょうか?

今回は水疱の治療についてお伝えします。

 Sponsored Links


汗疱とは?治療方法はどんなことするの?

汗疱とは、主に手指、手のひら、足の裏などに
できる多数の水疱の事を言います

痒みの現れない方も、もちろんいますが、
人によっては赤く腫れあがり強い痒みを伴う方もいるようです。

 

なんとなく気持ちのいい見た目ではないため、
早く治ってほしいと思う汗疱ですが、

体力のある人であれば病院に行かずとも
治ってしまう事もあります

 

ですが、どういった原因で汗疱ができたのかによっては、
放置した結果悪化の一途をたどることもありますから、
まずは病院に行くことをお勧めします。

汗疱の治療!病院に行くなら、何科にかかればいいの?

病院に行かれる場合、皮膚科がお勧めです。

汗疱の原因は
ストレス、アレルギー、白癬菌症(水虫)など

多岐にわたりますが、皮膚に現れた症状ですから、
皮膚科を受診するのがベストと言えます。

 

金属アレルギーが疑われる場合は
診察の際に医師にそう申し出てください。

パッチテストを行い原因が
アレルギーであるかを調べる事ができます。

何も病院に行くほどの症状ではあるまいし・・・
とお考えの方!!

今一度自分の汗疱をみてください。

 

万が一、その汗疱の原因が白癬菌症だった場合、
あなたは水虫の原因となる白癬菌を
ばらまきながら生活をしていることになります。

当然家族がいる方は家族に
白癬菌を付着させる原因となっています。

 

逆に家族に水虫の者がいる場合は
白癬菌症の可能性もおおいにありえますので、
その旨を医師に伝えましょう。

 Sponsored Links

子供の汗疱治療はどうしたらいいの?

汗疱になったから命の危機、という事はありません。
ですが、心配な気持ちはお察しいたします。

皮膚科を受診し、医師の診断の通りに
生活をすることが改善の一歩となることは間違いありません。

しかし、1つ注意して頂きたいことがあります

 

子供の場合、大人よりも症状が重くなることが多いのです

汗疱ができた状態の皮膚は
免疫力の下がった状態と言えますが、

子供はそんな状態でも泥遊びをするなど、
雑菌に多く接触する機会があります

 

通常より雑菌が繁殖しやすい状況の
手や足に菌が付着したらどうなるかは、
火を見るより明らかでしょう。

 

手を洗いすぎてもよくありませんが、
なるべく外から帰ってきた子供には

手洗いを徹底し、塗り薬や飲み薬をもらっている場合は、
用法用量を守ってきちんと使用させましょう。


 

汗疱治療に漢方薬が効果あるのは本当?

汗疱は人によっては治ったと思っても
すぐ再発してしまう事もあります

病院に通っても同じ薬を処方され、
また通院か・・・と憂鬱になられる方も少なくありません。

体質から皮膚の疾患にかかりやすい方もいますから、
一概に病院に通えば完治する病とは言えないのです。

 

漢方薬が汗疱に効く!
という話をよく耳にしますが、
一体どの程度の効能が期待できるのでしょうか?

調べてみたところ、皆さん一貫しておっしゃるのが
長い目で見る事が必要と言うこと!

 

飲んだ翌日にすっかり健康な手のひらに!
というわけにはいかないということです。

ですが、体内のバランスを整えながら
じっくりと治していく為、

長期に渡り汗疱の症状に苦しんでいる方には
試す価値のある薬といえるのではないでしょうか?


 

とはいえ、漢方薬は薬局に行けば
すぐ買えるものでもありません。

その人その人にあった漢方がありますので、
効果が顕著にあらわれる人もいれば
全く改善が見られない人もいるのです

 

漢方薬を処方する病院もありますから、
そういった病院を受診して漢方を試してみたいと伝えてみましょう。

あなたの体質にあった、健康になれる漢方薬を
一緒に医師が考えてくれるはずです。

 

ふと気が付くと、
なぜかできてしまっているのが汗疱です。

どうも汗や血中水分濃度などと密接に
関係しできるらしい汗疱ですが、

事前に防ぐこつとしては、
水が手についたらなるべく拭き取るという事です

 

皮膚に付着した水分が蒸発する時に、
皮膚の中にある水分も一緒に蒸発してしまうことが
汗疱になる一助になっている可能性があります。

健康な皮膚でいるためにも、まずは治療をしましょう。
放置していて、いいことはありません。

皮膚に異常があらわれたら、
すぐに皮膚科を受診するよう心がけましょう。

Sponsored Links

コメントを残す