レタスに栄養はない!?含まれてる栄養や効果、カロリーは?

                         070245d9e61e0c3fc598c56c1a5aa52b_s

生のままサラダやサンドイッチにしても、
シャキッとした食感で美味しレタス

料理に使える幅も広いので、
食卓に並ぶことも多いですが、
レタスの栄養について知らない方も多いのでは?

今回はレタスの栄養や効能についてご紹介します。

 Sponsored Links


レタスは栄養がない!?レタスに含まれてる栄養素は?

レタスの90%以上が水分であるため、
あまり栄養がないとも言われています。

しかし実は様々な栄養素が含まれています。

例えば風邪やインフルエンザの予防にも良い
免疫力を高める成分のビタミンCや、
若返りのビタミンと言われるビタミンEなどが含まれています。

そして妊娠中の女性に重要な成分と言われる葉酸
利尿作用があるカリウムなどの栄養素もあります。

 

またレタスと言うと食物繊維のイメージを
持つ方も多いと思いますが
実際にはそれほどを含んでいるわけではありません。

しかし、カリウムなど他の栄養素も含まれてるため、
便秘改善やダイエット中に積極的に摂りたい野菜です。

さらに、アンチエイジングの強い味方であるβ-カロテンもありますので、
ビタミン類とあわせて身体の老化を防ぐ栄養となります。

 

他にもポリフェノールの1種であるラクチュコピクリンや、
ビタミンB群の1種であるパントテン酸
鉄分の働きを正常にさせるなどが含まれています。

このようにレタスは含有量こそ少ないですが、
その分バランス良く色々な栄養が含まれてます。

 Sponsored Links

レタスを食べることで得られる3つの効果とは?

レタスに含まれる栄養の含有量は少なくても
レタスを摂取することで得られる効果もあります。

 

免疫力の向上
レタスには抗酸化作用が高い成分を持つ
ビタミンC、β-カロテン、葉緑素などが含まれています。

そしてTNF-αという腫瘍壊死因子が活性化され、
ガン予防や免疫力の向上に高い効果を発揮します。

一般的に栄養素が多いイメージの緑黄色野菜に
負けない免疫力アップの効果をレタスは持っています。

 

ダイエットをサポート
レタスのカロリーは非常に低く100g中12kcalほど。
ダイエット中にはとても嬉しい食品です。

そしてシャキシャキとした歯ごたえもあり、
食べごたえもあるためべ過ぎを防止してくれます。
ダイエット中はサラダにして先に食べることがおすすめです。

さらにレタに含まれるカリウムや食物繊維が、
むくみや便秘改善の効果に繋がります。

 

美肌作り
栄養成分として含有量は少ないですが、
若返りのビタミンと言われるビタミンEや
コラーゲンの生成にメラニン抑制作用のあるビタミンC。

高い抗酸化作用を持つβ-カロテンなど、
美肌を作る有効な成分があります。

肌のくすみや肌荒れなど肌トラブルの改善も期待でき、
デトックス効果によるアンチエイジングも期待できます。

レタスの旬はいつ?美味しい食べ方は?

レタスは丸い玉のヘッドレタスや細長いリーフレタスなど、
いくつかの種類があります。

種類によりレタスのの時期は変わりますが、
玉のヘッドレタスの場合は4~9月になります

リーフレタスと同じタイプのサニーレタスは5~9月が旬で、
通年食べれるのがグリーンリーフやサンチュになります。

 

食べ方としては、サラダ、炒め物、スープなど
様々な方法で食べることができます。

おかずをレタスで巻いて食べたり、
塩もみして水分を抜いたレタスを
豚肉で巻いて焼いたりするのもおすすめです。

 

またレタスの栄養素であるビタミンEは
熱に強いため加熱には向いています。

熱に弱いビタミンCもスープや餡かけにすると
逃げた分もきっちり摂取することができます。

Sponsored Links

コメントを残す