ブーツの素材別の洗い方や手入れ方法!カビや中が臭い時の対処法

                         64e96d8c9d6f1627bcdc652f99b987a5_s

秋冬のおしゃれに
欠かせないアイテムといえばブーツですよね。

種類や使われている素材も様々で、
何足も持っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、ブーツに汚れが付いてしまうと、
「どう洗えばいいの!?」と困ってしまいませんか?

スニーカーなどと違い、お手入れが難しそうなブーツ。

でも、やり方さえ知っておけば
誰でもお家でお手入れできるんです!

大切なブーツを長く愛用するために、
ぜひ知っておきたいブーツの洗い方をご紹介します。

 Sponsored Links


ブーツは素材によって洗い方が違う!種類別の洗い方

ブーツには色々な種類があり、
使われている素材も様々です。

どの素材が使われているかによって、
お手入れの仕方は違ってきます

ここでは、革・ムートン・スエード
代表的な3つの素材別の洗い方についてご紹介します。

 

革のブーツの洗い方

用意するもの

・やわらかめのスポンジ
・革靴用洗剤
・使用済みの歯ブラシや綿棒
・バケツ

(ブーツを入れられる大きさのものがあると便利です。
なければ風呂桶などで代用できます)
・新聞紙
(乾かす時に使います。)

 

洗い方

・まず靴底の砂や石を取り除きます。
 この時中敷もとっておきます。

・洗剤を表記に従って薄めた水の中にブーツを浸す。
 中敷も一緒に入れましょう。
 つま先のほうに汚れがたまりやすいので、
 しっかりと洗剤が行き渡るようにしてください

・スポンジで汚れのある箇所を優しくこすり洗いします。

・全体の汚れが落ちてきたら、
 歯ブラシや綿棒などで細かい箇所の汚れをとります。

・洗剤を水でしっかりと落とす。

・すすぎができたら、新聞紙を中につめ日陰で乾かす。
 しっかりと乾かすために新聞紙は途中で取り替えると良いでしょう。

・最後に抗菌作用のスプレーや
 保護用クリームなどを塗れば完璧です。

※革靴は人間の皮膚と同じで紫外線に弱いです。

日の当たる所で干すと変色などの原因になります。
必ず日陰で干すようにしましょう。

 Sponsored Links

ムートンブーツの洗い方

用意するもの

・やわらかめのスポンジ
・ムートン用洗剤

(粉せっけんなど泡立ちの良いもので代用できます。)
・バケツ
(つけおき洗いが効果的なので大きめの物が便利です。)
・新聞紙
(乾かす時に使います。)

 

洗い方

・まず靴底の砂や石を取り除く。
 この時中敷も取っておきます。

・洗剤を表記に従って薄めた水の中に、
 ブーツを浸し10~20分ほどつけ置きしておく。

・洗剤をよく泡立て、スポンジで優しくなで洗い
 ムートンブーツは特に内側をしっかり洗いましょう。
 繊維の中に雑菌が繁殖しやすいので、つま先までしっかりと!

・汚れが落ちたら水でしっかりと洗剤をすすぎ落とす。

・形が崩れないように新聞紙を詰めて乾かします。
(新聞紙は途中で入れ替えましょう。)

・外側が乾いたら内側にドライヤーを当て乾かしていく。
 この時、中の繊維をブラッシングしていくと、
 ふわふわとした感触が復活しますよ。

※ムートンブーツは内側の汚れに特に注意
しっかり洗ってしっかり乾かしたらブラッシングをお忘れなく!

 

スエードブーツの洗い方

用意するもの

・やわらかめのスポンジ
・スエード用洗剤

(スエードシャンプーというものが売られています。)
・靴用ブラシ

 

洗い方

・まず靴底の砂や石を取り除く。中敷も取っておきます。
 モカシンなど飾りが取れるものは先に取ります。

・ブーツ全体を毛の流れとは逆方向
 ブラッシングし、表面のホコリや汚れを取ります。

・水につけた時の水ジミを防ぐため、
 ブーツ全体を雑巾などを使って湿らせます。

・十分に湿らせたらスポンジにスエードシャンプーをつけ、
 しっかりと泡立ててスポンジで洗います。

・内側も洗ったら、スポンジを使いながら
 水で汚れとシャンプーをすすいでいきます。

・すすぎ終わったら、軽くブラッシングをして陰干し

・ある程度乾いたら、シューキーパーなどを
 入れておくと型崩れ防止になります。

※汚れの範囲が小さい時は、
靴用中性洗剤で汚れている箇所を押し洗いします

範囲が大きい時には上記の方法を試してみてくださいね。

 

必要なものを揃えれば、ブーツを洗うことは
そんなに難しくありません。

傷めてしまわないか心配な方は、
目立たないところで試してから全体を洗うといいですよ

革靴のひび割れの原因!しわ防止やお手入れ方法

内側こそ要注意!ブーツの中が臭い場合のお手入れ方法は??

ブーツを愛用している人にとって、
気になる問題はブーツの臭いではないでしょうか?

ブーツを脱いだらモワッと臭う・・・。
雨に濡れたブーツがなんだか臭う・・・。

そんな経験をした人は少なくないはず。

ブーツは形や素材のせいで
通気性が悪く、湿気がたまりやすいもの

でも、デートでブーツを脱ぐ場面があったら?
ニオイがしたら良い雰囲気も台無しです!

毎日ブーツを洗うわけにはいきません。
どうしたらいいのでしょうか?

 

臭いの原因となるのはです。

ブーツを履いている時にかいた汗は、
雑菌が繁殖しやすい環境を作り出します

汗をかかないことは不可能なのでブーツに
直接肌が当たらないように靴下やストッキングを履くことも大事です。

汗が直接中敷につくのを防げますし、
最近では消臭効果のあるものも多く販売されています。

また、使い捨ての中敷も販売されています。
特に気になる方は試してみるといいかもしれません。

 

他にもブーツを履いた後の手入れも大切です。

毎日同じものを履いていると、
乾く間がなく靴自体の消耗も激しくなってしまいます

一度履いたブーツは、消臭スプレーなどをしたあと、
陰干しをして休ませることも大事です。

風通しをよくすることで内側にこもった湿気が乾き、
臭いを抑えることができます。

また靴箱も湿気がこもりやすいもの
風通しをして、湿気がこもらないようにしましょう。

 

ブーツを保管しておく時には中に
乾燥剤や消臭剤などを一緒に入れると効果的です

乾燥させた粉コーヒー重曹などを
お茶パックの袋に入れれば手作りの消臭剤になります。

家にない場合は丸めた新聞紙や
お菓子や食品に入っている乾燥剤でも代用できます。

また、殺菌効果のある銅でできた10円玉も、
雑菌の繁殖を防いでくれます。

中敷に入れておくといいかもしれません。

お気に入りのブーツにカビが!対処方法は?

久しぶりに履こうと出したお気に入りのブーツ。
よく見たらカビが!

ショックで呆然としてしまいそうですが、
放置しておくわけにはいきません。

カビが発生したのを放置すると
他の靴にもカビ臭が広がり、さらなる被害になります

では、ブーツにできたカビは
どう対処したらいいのでしょうか?

 

まず、カビのに注目してください。

白色・緑白色のカビの場合は、
表面だけに生えている可能性が高く、
お手入れ次第では元通りにできます

しかし、赤色・黒色のカビの場合、
中にもカビが発生していることが多いです。

そのため手入れをしてもシミになってしまったり、
再発したりと完全に取り除くことが難しいです

 

また、ブーツの素材にも注目

スムースレザーのブーツで表面だけ
カビが生えているものは自宅でお手入れができます。

しかし、スエードやエナメルなどの素材のものは、
お家でのカビのお手入れは難しくクリーニングに出す必要が・・・。

スムースレザーのものも、内側にカビが
生えてしまったらクリーニングにお願いしましょう。

 

自宅でできるお手入れ方法

用意するもの
・低刺激エタノール
・やわらかい布

手入れの仕方

・まず紐や飾りのついているものは外します。

・固く絞った布にエタノールを染み込ませ表面を拭きます。
この時、色落ちする可能性がありますので、
目立たないところで1度試してから全体を拭きましょう

・拭き終えたら新聞紙を入れ、
風通しのいい所でしっかりと乾燥させます。

・乾いたら保湿クリームや防水スプレーなどをします。

 

内側など布では拭きにくいところは、
歯ブラシや綿棒などを使うとキレイになります。

市販の革靴用カビ取り剤を使うと、
もっと楽にお手入れができます。

1番はカビを発生させないことが大切です

おしゃれは足元からとよく言いますが、
汚れていたりニオイのするブーツでは嫌ですよね。

日々のお手入れを心がけることで、
ブーツは長く愛用することができます。

 

Sponsored Links

コメントを残す