窓の防寒対策に!プチプチやフィルムシートの効果はどれくらい?

                         048247

冬本番ともなるとお部屋の寒さをどうにかしようと
色々と防寒対策をとられると思います。

意外に思われるかもしれませんが、

中でも窓からの熱の流出、冷気の入り込み
部屋全体の約6割と言われています。

お部屋の防寒は窓にあり!

今回は窓の防寒対策についてご紹介しましょう!

 Sponsored Links


窓の防寒対策にはプチプチや段ボール?その効果は?

壊れ物を衝撃から守るエアーパッキン
通称プチプチを使った防寒対策!

便利で手軽さから利用されてる方もいらっしゃいます。

これがなかなかの優れもの!

 

プチプチの中には空気
結露など水分が発生しなければ凍る事がありません。

また、日中は太陽光を浴びてプチプチが
温められ保温効果を高めます。

 

窓とプチプチを密着させることがポイント!

ガラス面だけでなく枠の方へはみ出る程度、
大きめに貼る事がおすすめ!

両面テープなどで貼るといいです。

 

また、段ボール遮断効果があります。

ただ、日中は外から見られた場合に
困る場合もあり、夜間だけ設置したり、
包装紙などで飾るとよいでしょう。

窓が曇る原因!曇り止め対策は?

 Sponsored Links

窓の防寒対策のフィルムやシートのメリットとデメリット!

窓断熱フィルムやシートがありますね。

水を使い、窓に直接貼るもので、
粘着部分が使える間、繰り返し使えます

ただ、結露しやすい部屋の場合には窓の下に
結露がたまりやすいという難点があります。

壁の結露対策に!カビないためには?

 

除湿機などがあれば除湿されたほうがよいですが、

断熱結露防止シート”というものもありますので
部屋の状況に応じた物を使うとよいでしょう。

その他に、目隠し効果などもあり、
シンプルなものから、お部屋のインテリア用に
柄の入ったものもあります。

部屋の窓が凍る原因と内窓の結露対策は?

窓枠からの防寒対策は?

冷気の入り込みが部屋全体の約6割

窓ガラスから逃げている
熱の約4割は、枠(サッシ枠)からです

枠からの熱の伝わりを
小さくさせることにより暖房効果を高めます。

 

夏の間も冷房効果を高める効果が
あるので、通年使う事が出来ます。

1年を目処に張り替えることがおすすめです!

 

また、ひんやりとしたすきま風
入る場合には、冷気断熱パネルの設置や、

隙間をシャットアウトする
すきまテープ”を貼るのも大事です。

すきま風を防ぐということは、

外気の入り込みを防ぐ以外に、
ほこりも入らない様にする効果もあります

 

他にも窓対策グッズはたくさんあり、
カーテンと同じ様にかけて窓全体からの
冷気を止めるライナーなど・・・。

しっかりと窓の防寒対策をするだけで
暖房機器の節電にも繋がりますので、

少しの投資で暖かく過ごせるのであれば
行う価値ありですよ!

 

ご家庭の環境に応じた防寒グッズを
上手に使って、この冬は暖かく過ごしましょう!

Sponsored Links

コメントを残す