プラスチックの黄ばみの原因!落とし方や手軽にできる除去方法は?

                         コンセントの画像

使い続けていれば起こる
プラスチックの黄ばみ!

普通に洗剤で洗っても
なかなか落ちるものではありません。

できればスッキリ落としたい!

買い替えてもいいけど直ぐに捨てるという
その考えもエコじゃない様な・・・。

そこで、今回プラスチックの黄ばみを落とす方法を
調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 Sponsored Links


プラスチックの黄ばみの原因とはなに?

身近なもので白いパソコンのキーボード、
段々と黄ばんできますよね。

プラスチックの黄ばみの原因とはなにか?
その原因は大きく分けると2つある様です。

・材質自体の劣化

・ABS樹脂に添加されている
 添加物の化学変化によるもの

 

材質自体の劣化によって変色してしまったものは
強度の低下を招く事にもなり、

素材自体劣化しているので
黄ばみを落とす事は出来ないといいます

また、添加物の科学変化においては

・酸化防止剤に起因するもの
・難燃剤によるもの

とさらに原因が別れて行きます。

 Sponsored Links

プラスチックの黄ばみ落としには漂白やハイターで出来る!?

材質自体の劣化なのかどうかにおいては
私たちの目では判断出来ないのが現状ですよね。

分子レベルの劣化や変化は見ただけでは
どちらが原因か判別出来ません。

しかし、プラスチックの黄ばみ落としの方法は
あるので、まずは1度試してみましょう。

 

用意するものは、衣類用の「酸素系漂白剤」
これで落とす事ができます。

これに漬け込んでいる最中に「日光を当てる」
もしくは「ブラックライト」に当てるとよいのだそうです。

 

本来は過酸化水素水と漂白活性化剤で落とすのですが、
どちらも劇薬なので入手困難となっています。

酸素系漂白剤であればどちらも含まれていて
家庭用にと個人扱いが可能に調整されています。

例えば「ワイドハイターEX」などはプラスチック黄ばみを
取り除くのに有効な成分が含まれています。

使用量をよく確認して水で薄めて黄ばんだ
プラスチックを沈めてお陽様に当てるだけ。

 

ただ漬け込む時間は1週間~1ヶ月と様々です。

紫外線の力を借りて化学反応を起こし
黄ばみを取り去る方法なのですが、

紫外線も目に見える訳ではないので難しいもの。

ただ、あまり漬けていても効果が無い場合は、
素材レベルで劣化していると判断しましょう。

 

プラスチックの黄ばみを手軽に除去するならオキシドール!?

プラスチックの黄ばみを除去するのに
「過酸化水素水」がカギになっています

身近なものとしては「オキシドール」があります。

安価で手に入り、消毒などに
使うものなので残っても無駄になりません。

このオキシドール
拭き取るだけで黄ばみがキレイになります

 

ピアノの鍵盤やゲーム機、パソコンなど水に浸す事が
できないものなら、こちらの方法が適しています。

ただ、オキシドールは触れるとヌルヌルとして
かゆみを覚える事があります。

使用の際には注意してくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す