天神祭の歴史!2015年の日程時間や場所は?ギャルみこしは中止!?

                         ギャル神輿

東京神田祭や京都祇園祭と並ぶ日本の三大祭!

花火大会なども行われる大阪・天神祭

今年は出かけてみようかな!?
・・・なんて思っている方に、

天神祭2015の日程や場所など
ご紹介をいたします!

 Sponsored Links


天神祭の由来や歴史は?

天神祭は祭神である菅原道真の命日にちなみ、
全国の天満宮や天神社にて行われる祭りで、

中でも大阪天満宮を中心として行われる
大阪天神祭が有名です。

 

歴史天暦5年

大阪天満宮頭の浜より神鉾を流し、
流れ着いた浜に神輿を泊める御旅所を設け、

禊(みそぎ)を行った際に、神領民や崇拝者により
船を仕立て奉納した事が由来です。

 

その後、船は数を増やし豊臣秀吉が
大阪城を築いた頃は

現在の船渡御(ふなぎょ)」
原型が完成したそうです。

この船渡御も2度の中断がありつつも、
昭和24年に復活しました。

実に約一千年という長い歴史のある天神祭は、
様々な困難を乗り越え今に残るお祭りなのです。

 Sponsored Links

天神祭2015の日程や時間、開催場所は?

場所
大阪天満宮

日程
2015年7月24日(金)
2015年7月25日(土)

 

・7月24日(宵宮)

4:00…一番太鼓
7:45…宵宮祭
8:30…鉾流行列参進
8:50…鉾流(ほこながし)神事
11:00…行宮祭(あんぐうさい)
12:00…天神講獅子 獅子舞
16:00…催太鼓氏地巡行
16:30…どんどこ船宮入 鉾流神事奉還
18:00…水上薪能
18:40…催太鼓宮入
19:00…獅子舞宮入
18:00…タイ国イクラトン祭(24,25日・両日)

浴衣の正しい着方は左前?右前?

 

・7月25日(本宮)

13:30…本宮祭
14:30…神霊移御
15:30…陸渡御列出発
17:30…船渡御列出発
18:00…船渡御
19:00…船上祭
19:00…奉納花火(予定21:00)
20:30…催太鼓の宮入開始
22:30…還御祭(かんぎょうさい)

かんざしの簡単な挿し方!浴衣のヘアアレンジは?

天神祭の見所のギャルみこし!?うちわ娘とは?

近年の見所として
ギャルみこし」が注目を浴びています。

1981年より地域の振興や明るく楽しい
街作りを目的に天神橋筋商店街の四町会、

四番街、天四北商店街、
天五商店街、天六商店街
の協力により、

大阪天満宮「御羽車講」巡行の
1つに加わっており、

正式名称は「天神祭女性御神輿」といいます

神輿の担ぎ方の種類!肩を痛めない5つのコツ!

 

通年は15歳~30歳(中学生不可)で
体力自慢の女性を参加資格とし、

書類選考からオーディションを行ない、
2014年は80名の応募人数にて実施され、

巡行後には

・ミス天神橋
・準ミス天神橋
・御羽車娘

などといった賞の発表があります!

しかし、残念ながら2015年は、
イベント開催を行うため、

担ぎ手の募集を行っていません。

 

さらに天神祭では「天神祭うちわ娘」という
テレビ大阪のイベントがあり、オーディションがあります!

オリジナルうちわの配布を行い、
地域企業のPRなどに貢献しています。

大川沿いのメインスポットで配布しているので、

ぜひ、うちわ娘をみかけたら
うちわを貰ってくださいね!

 

Sponsored Links

コメントを残す