貝柱に含まれる栄養や効能!気になるコレステロールは?

                         8afb9d69b89a9e1bee59842d4c25b6c9_s

貝柱と言えばおさしみやおつまみで
美味しい干し物になったもの!

缶詰や色々な型で手に入るものですね。

この貝柱の栄養ってご存知ですか?
バランスのよい食生活には食材の栄養を知ることは大切!

今回は貝柱の栄養を中心に、
ヒモ部分や卵巣についてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


貝柱に含まれる栄養や効能は?

ホタテ貝柱の栄養は、
主にたんぱく質で高タンパク低カロリーな食材

そのたんぱく質には疲労回復や滋養強壮に働く

・BCCA
・グルタミン酸
・アスパラギン酸
・タウリン

といった成分を含みます。

 

また、体内の塩分と水分を保つカリウムや
血液・リンパ液の循環を正常にする働きのあるマグネシウム。

ビタミン類を豊富に含みむくみ予防に期待が持てます。

葉酸やビタミンB12、ミネラル成分(亜鉛や鉄)などは
血液を作るサポートをし冷え性や貧血予防によい面など、
健康的な体を作り保つ働きをする成分が豊富なのが特徴です

 

なお、ベビーホタテも同様に、
大きな貝柱程ではないもののそれらの栄養を含んでいます。

 Sponsored Links

貝柱に含まれるコレステロールは?

ホタテ貝柱のコレステロール値は、
いずれも100g中33mg

魚貝類はコレステロールが高いと言われてますが、
ホタテにおいてはそれほど気にするほどではありません。

コレステロールも高すぎてもよくありませんが、
低すぎれば血管がもろくったり免疫力低下など
弊害が出るのでバランス良く摂取する必要があります

 

また、特に卵巣は濃厚な味でコレステロールや
プリン体が気になる部位になります。

その数値は可食部で33mg

つまり貝柱やヒモ・卵巣など
食べられる部分を含めた数値です。

そうした事を含めても
コレステロールの低い食材と考えてよいでしょう。

ホタテの卵は色で見分け方がある!?

干し貝柱だと栄養や効能は違う?カロリーは?

ホタテ貝柱の保存法に干し貝柱があります。

おつまみにもなってたり中華食材であったり
水分を飛ばした分、栄養やうまみが凝縮されています

干し貝柱はうまみが多いだけではなく、
本来持っているタウリンなどをそのままにベタインを含み、
コレステロール値を減少や肝機能アップと働きます。

 

他にも干し貝柱の煮汁に含まれる
グリコーゲン様物質は抗がん作用を持っています。

気になるカロリーは生食100gで72kcal

乾物や燻製になるとカロリーが上がり、
同じ量で300kcal近くにもなります。

これは水分がなくなった分、カロリーがあがるもので、
おつまみ用のホタテ貝柱は食べ過ぎ注意です。

 

Sponsored Links

コメントを残す