マヨネーズは太るってウソ!?気になるカロリーや糖質は??

                         47fbcf0869f45ebaa214a481a4d0f91f_s

ダイエット中は避けるイメージのマヨネーズ

一方でダイエットに向いていると話を
耳にしたこともあるのではないでしょうか?

実際は太るのか?痩せるのか?

今回はマヨネーズは太るのか?
気になるカロリーなどについてご紹介します。

 Sponsored Links


マヨネーズに含まれるカロリーや糖質など気になる栄養は?

マヨネーズの原料は油と卵とお酢と塩です。

この油が太るような気にさせるのですが、
気になるカロリーは100gで702.9kcal程になります。

料理に使うマヨネーズの平均的な量を考えると
1回の食事で100kcalを超える場合もあります。

 

そしてマヨネーズが高カロリーなのは、
そこに含まれる栄養素にあります。

大さじ1杯(12g)に対して、
・炭水化物(糖質)が0.54g(2.16kcal)
・タンパク質が0.18g(0.72kcal)
・脂質が9.04g(81.36kcal)

この様に成分の3/4を占めています。

 Sponsored Links

マヨネーズが太ると言われる本当の原因は?

油による脂質とそれによるカロリーから、
マヨネーズは太ると言われてきました。

しかし最近の研究でマヨネーズを摂取することが
太ることには繋がらないと分かってきました。

 

ダイエットをする場合、
カロリーよりも血糖値の上りやすさを示す
GI値を気にする方も多いのではないでしょうか?

意外にもマヨネーズは高カロリーでありながら、
血糖値が上がりにくく太りにくい低GI食品

そのためマヨネーズ単体では太りにくい傾向があります。

 

それではなぜマヨネーズが太ると言われるのかというと、
その原因は我々の食生活が炭水化物メインになり
過剰摂取しているためと言えます

マヨネーズの主原料である油には、
栄養の吸収率を上げる効果があるため、
炭水化物(糖質)とマヨネーズを一緒に摂取することにより、
効率良く炭水化物を吸収してしまうというわけです。

パンやごはん、お好み焼きなどの炭水化物に
マヨネーズをトッピングするメニューは太りやすくなります。

逆に食物繊維が豊富に摂れ炭水化物(糖質)が少ない
サラダや野菜にマヨネーズを使う場合は太りにくい組み合わせです。

マヨネーズに含まれるダイエット中の3つ効果

単体では太りにくいマヨネーズですが、
カロリーが高いことには変わりがありません。

そのためダイエットに向いているとは言い切れませんが、
それでも3つのダイエット効果がマヨネーズにはあります。

・タンパク質の摂取
・糖質が少なく脂肪に変わりにくい
・お酢の力で健康に

 

マヨネーズの主原料である卵にはタンパク質が含まれているため、
基礎代謝や筋肉量が減ってしまう心配がありません。

そのためダイエットにありがちな
リバウンドをしづらい体質を作ることができます

そして炭水化物(糖質)が少ないマヨネーズは、
ダイエットの大敵である血糖値の急激な上昇を心配する必要がありません。

血糖値が上がらないということは、
脂肪に変わりにくいという効果に繋がります。

他の炭水化物で同カロリー摂取した時と比較し、
脂肪に変わりにくい分太りにくいと言えます。

 

またマヨネーズに含まれるお酢にも、
便秘改善や内臓脂肪を減らす効果があります。

他にも疲労回復や高血圧の予防効果などの健康に良い効果があります。

マヨネーズは太りにくい食品だとしても、
カロリーの高さからダイエットには不向きです。

途中で挫折してしまうことも多いダイエットに、
うまくマヨネーズを取り入れるてストレスを軽減させ
ダイエットが長続きできる様にうまく取り入れましょう。

Sponsored Links

コメントを残す