朝起きれない3つの原因と改善するために身に着ける習慣ポイント

                         b4c217f5cb26684b9a7aa12b5f49d33d_s

朝起きれない人というのは案外多いもの。

「なかなか布団から出られない」、「寝たはずなのに体がだる重い」など悩んでいる方も多いです。

なかなか起きれないことでバタバタしてしまい、「もっと早く起きたら良かった」と後悔し、

1日のスタートが気持ちよくきれないことも少なくないのではないでしょうか?
1日が始まる朝だからこそ、スッキリした頭と軽い体で迎えたいですよね。

そこで今回は、朝起きれない原因と脱出するために
見直したい生活習慣についてご紹介します。

 Sponsored Links


朝が起きれない3つの原因

・体内時計の乱れ

人の体内時計には体のリズムを調整する役割があります。

それが乱れてしまうと「寝つきが悪い」・「熟睡できない」ことへ繋がり、結果、朝起きれない事態を招きます。

体内時計が乱れることで、体温・代謝・ホルモン分泌など様々な面に影響が出てしまうため、総じて起きれない体を作り上げる要因となります。

 

・睡眠時間の不足

仕事が忙しいなど、現代社会では様々な理由で睡眠不足を引き起こしがちになり、当然ながら短い睡眠では朝の目覚めが悪くなってしまいます。

休日に長めに寝て日頃の睡眠不足を解消するという方もいるかもしれませんが、実はこれも体内時計を乱れさせる一因となっており朝起きれない原因へと繋がっています。

 

・質の良い眠りが摂れていない

実は質の良い睡眠に体温が関わっており、つまり体の冷えが朝起きれない要因となっている可能性があります。

体の内側の体温(深部体温)は日中は高く夜は低くなるのですが、冷えはその深部体温を狂わせてしまうのです。

 

 

下記動画では、朝の目覚めが悪い原因について紹介されています。

色々な原因が関係している可能性があり、その中でも「セロトニン」を活性化させる方法が紹介されています。

ぜひ、参考にしてみてください。

 Sponsored Links

朝起きれないを改善するカギは「夜習慣」

朝なかなか起きれない方や体がだるくて重いという方は、前の日の夜の生活習慣を見直すことで改善していく可能性があります。

質の良い睡眠をとるためには、体が活発になる交感神経から体がリラックスモードになる副交感神経に切り替えていかなければなりません。

 

副交感神経は体温が下がっていく過程で活発になっていきます。

そのため寝る2~3時間前に入浴を済ませたり軽い運動やストレッチなどで体温を上げると良いでしょう。

この時に気を付けなければならないのは、体温を下げるには一定時間が必要となるので、寝る直前には入浴や運動をしないことです

 

そして睡眠ホルモン「メラトニン」は暗く成ることで分泌が促進されていきます。

寝る1時間前くらいから電気を消してリラックスして過ごすことがおすすめです

 Sponsored Links




起きれない「朝」にすべきこと

布団の中

・カーテンを開ける

体内時計を整えるためには、朝の太陽の光を浴びることがポイントとなります。

また毎朝同じ時間に起きることが、夜型の生活を防止することに繋がり、体内時計の乱れを防ぐことになります。

 

朝起きれない体を改善していくためにはカーテンを開けることがカギとなります。

遮光カーテンを避けたり、ベッドの位置を窓際に変えたり、光が入るよう少しカーテンを開けておくことがおすすめです。

 

・体を軽く動かす

目が覚めてもなかなか布団から脱出できない人にありがちなのが二度寝ですが、この習慣は質の良い睡眠の敵であり避けるべき習慣と言えます。

そこでおすすめなのが、目が覚めたら体の一部を動かすことです。

 

布団の中でゴロゴロ体を動かしたりしたり、手足をパタパタ動かしたりするなど、動かせる部分を少しでも動かし続けることで体温が上がり、脳が覚醒し起きることができます。

浅い眠りの原因となる二度寝に付随し、スヌーズ機能を何回も使うことも二度寝、三度寝と浅い眠りを続けることになります。

目覚まし時計のスヌーズは1回のみの使用とし、スッキリ起きれるようにしていきましょう。

起きた後

・冷たい水で顔を洗う

体の動きを活発にさせるために必要なのが、交感神経を活性化させることです。

朝起きたものの体がボーっとしている感じが抜けない場合、冷たい水で顔を洗うことで交感神経を刺激しスッキリさせることができます。

 

・音楽などをかける

聴覚からの刺激も、脳を目覚めさせるにはうってつけの方法と言え、音楽だけでなくラジオなど、何かを「聴く」ことがポイントとなります。

ボーッとした感覚が抜けてきたところで、新聞やインターネットなど文字のチェックに入ると目覚めには効率的と言われています。

 

・シャワーを浴びる

顔を洗う際には冷たい水が効果的ですが、熱めのシャワーを浴びることでも交感神経を活発にさせることができます。

ポイントは「熱めのシャワー」であり、お風呂に浸かったりぬるめのお湯を使ってしまうと、副交感神経が活性化してしまうので注意が必要です。

 

Sponsored Links

コメントを残す