ウインナー1本に含まれるカロリーや糖質、栄養は?調理方法でも変わる?

                         1cdd1e2cc2176f2e06a96f846f902d45_s

手軽に食べられるおかず、ウインナー

食卓だけでなくお弁当など色々なシーンで
大活躍の食品ですよね。

そうなると気になるのがカロリー。

健康に気を付けている方やダイエット中の方は
特に気になるのではないでしょうか?

そこで今回は、ウインナーのカロリーについて、
食べる際の注意点などと合わせてご紹介します。

 Sponsored Links


ウインナーの原料や含まれる栄養素

ウインナーは「ウインナー・ソーセージ」というのが正式名称です。

太さ20mm未満の細い形のもののをさします。

現在スーパーなどで販売されている市販のウインナーの多くは人口の皮が使用されていますが、元々は羊の腸に塩や香辛料で味付けをした牛・豚・羊のひき肉を詰めたものです。

 

ウインナーの栄養素としては、タンパク質、ビタミンB1・B2、脂質が多く含まれており、中でもタンパク質は筋肉や血液などを生成するのに必要であり人体に欠かせない栄養素です。

食肉のタンパク質に多く含まれる必須アミノ酸は、体の中で生成することができない成分であり、ウインナーを食べることで体に大切な栄養を摂取しやすくなります。

 Sponsored Links

ウインナーの気になるカロリーや糖質は?

健康面やダイエット中に気になるのが食べ物のカロリーや糖質。

ウインナーはどれくらい含まれているのでしょうか?

 

ウインナーはメーカーにより、色々な種類のものが販売されていますが、
カロリーは1本(約17g)の平均、約54kcalほどとなります。

ウインナーの原料は肉であるため、糖質は平均で約0.6gと比較的少ないです。

しかし、脂質約4.9gと多い傾向にあります。

 

1回の食事で3本~5本食べたとしても糖質の摂取量は少ないと言えます。

ただし食べる際にケチャップやマスタードなどをつけすぎてしまうと糖質の摂取量がアップしてしまいます。

また、ウインナー自体の糖質は少なくても量を食べることでカロリーや脂質の摂取量は高くなるため、健康面やダイエットという点を考慮すると食べ過ぎには注意が必要と言えるでしょう。

 

ちなみにウインナーを5本食べた時のカロリー約270kcalを他の食品と比較すると、

例えば、クロワッサン(1個)約202kcalやベーグル(1個)約248kcalより高く、あんぱん(1個)約280kcalと同じくらいになります。

できるだけカロリーの少ないウインナーを食べたいという方は鶏のひき肉を使って自分でウインナーを作ってしまうのもおすすめです。

 

下記動画では、鶏ミンチを使った梅味のウインナーの作り方が紹介されています。

皮の代わりにラップを使用しレンジで加熱するため、手軽に簡単に作ることができますので、ぜひご参照ください。

 Sponsored Links




ウインナーのカロリーは調理法で変わる?おすすめの調理法と3つの注意点

なるべくカロリーを落としたい場合、どのような調理法がより効果的なのか?

気になる方も少なくないでしょう。

 

ウインナーの主な調理法として茹でるか焼く方法があります。

カロリーを落とすならば余分な脂が落とせる茹でたウインナーがおすすめです。

とは言えっても、焼いてパリッとした食感を楽しむのが好きな方も多いでしょう。

 

カロリーは落としたいけど焼いて食べたいという場合は、フライパンに油をひかずにウインナーから出る脂を使うようにすると、わずかではありますがカロリーや脂質を落とすことへ繋げられます。

ウインナーのカロリーを過剰摂取を防ぐためには、食べ過ぎないことと焼くより茹でることがポイントになります。

 

他にもウインナーを食べる際は3つの点に注意することがおすすめです。

・野菜も一緒に摂取する

ウインナーは脂質が多く含まれている食品です。

そのため、脂質代謝を促進させるビタミンB1(玉ねぎ・にんにくなど)やビタミンB2(さつまいも・かぼちゃなど)が多く含まれている野菜と一緒に摂取することがおすすめです。

エネルギー代謝も促す作用があるため、身体に脂肪がつきづらくなります。

・添加物が多い食品である

ウインナーには着色料や酸化防止剤、癒着補強剤など多くの添加物が含まれている食品です。

食品の品質保持、し好性の向上、栄養価の補助などを目的に使用されますが、過剰摂取することで人体に影響が出る可能性もあり注意が必要です。

・塩分が多く含まれている

ウインナーには塩分も多く含まれているため、食べ過ぎてしまうと塩分の過剰摂取にも繋がります。

むくみや血圧の上昇などを引き起こす要因となるため、注意が必要です。

 

糖質は少ないものの意外とカロリーと脂質が高いため、ウインナーと一緒に食べる食材を上手に合わせて美味しく健康的に食べたいものです。

 

Sponsored Links

コメントを残す