たこのぬめり取り方法と柔らかくするための下処理方法

                         640872128b4c64f5182f3deafde1236e_s

スーパーでは茹でた状態で手に入れられるたこ

釣ってきた時やもらった時など
自分で下処理が必要な場合、
その手順はご存知でしょうか?

生のたこを美味しく食べるために必要な下処理をご紹介します。

 Sponsored Links


たこのぬめり取りのやり方

たこのぬめりを取る作業をする前に、
目、口、墨と内臓を取り除きます。

これらの前処理が完了したら、
3つの方法でぬめり取りをしていきましょう。

・塩を使うぬめり取り

ボールに入れたたこに一握り程度の塩をかけよくもみ、
足も1本ずつ吸盤をしごき泡立っていくようにぬめりを取っていきます。

たこを流水でよく水洗いし、足の吸盤部分も
こそぎ洗いながらぬめりを落としていきます。

この作業を3~4回繰り返し、
ぬめりをきれいにとっていきましょう。

 

・片栗粉を使うぬめり取り

塩を使うぬめり取りと同じ要領でたこに片栗粉をかけ、
足の吸盤部分もしごきながら全体のぬめりをきれいに取っていきます。

 

・冷凍するぬめり取り

前処理をしたたこをそのまま冷凍します。

使う前に自然解凍し水洗いすると、
塩や片栗粉などを使わずにぬめりが落ちます。

塩もみでたこのぬめりを取る方法では、
たこに塩味がつきしょっぱくなってしまう傾向があるため、
たこ本来の味を楽しみたい方におすすめです。

 

また、たこをすぐに調理しない場合、
冷凍することで保存期間を延ばすことができます。

すぐに食べる予定がない方も
冷凍してぬめりを取る方法を選ぶと良いでしょう

 Sponsored Links

たこを柔らかくする3つの下処理方法

スーパーでは茹でた状態で販売されているたこ。

実はたこは加熱すると筋肉が固くなり噛み切れなくなることがあり、
自分で茹でると固くなってしまうことも多く、
その扱いは難しいです。

せっかく手に入れたたこですから、
柔らかいたこをおいしく食べたいですよね。

そこでたこを柔らかくする下処理方法を
3つご紹介します。

 

・大根で叩く

叩くのは麺棒やすりこぎでも構わないのですが、
大根のジアスターゼという成分を活用することで、
たこをより柔らかくできます。

やり方はとても簡単で、
広げておいたたこを皮をむいた大根で叩くだけです

叩くこととジアスターゼのダブルの効果で、
たこの筋肉繊維を破壊させ柔らかくさせることができます。

3~5分程叩いている間に叩く感覚が変わってきたら
芯が柔らかくなってきたサインです。

少し手間はかかりますが、グッと美味しくなりますので
ぜひ、試してみてください。

 

・番茶を加える

たんぱく質を適度に固める作用を持つ
タンニンが含まれている番茶を水の代わりに使うことで、
煮過ぎても固くなりすぎない効果を発揮してくれます。

濃い目の番茶で5分程弱火で煮てから調味料で煮てもいいですし、
番茶と調味料を加えて弱火で10分程煮ても良いでしょう

タンニンにはその他にも臭み消しや色止めの効果も期待できるため、
たこをキレイな色味で臭みなく柔らかく煮たいという時に最適です。

もしも番茶がない場合は、緑茶で代用可能です。

 

・炭酸水を使う

もし既に茹でて固くなってしまったたこを使いたい場合は、
炭酸水で煮ることで柔らかく仕上げることができます

これは炭酸水に含まれる二酸化炭素が、
たこの筋肉繊維をほぐす働きをしてくれるためです。

水4に対し無糖の炭酸水を1程度の割合で加えたら十分です

余っている炭酸水がある場合は、
水を加えず全部の量を炭酸水にしても問題ありません。

煮物を作りたい場合はここに調味料を入れ煮ましょう。

 

 

Sponsored Links

コメントを残す