食べ過ぎるとだるい原因!食べ過ぎないための食材選びと食事のコツ

                         12350ca999dbc7346bf657b30350871f_s

食事をした後、「なんだかだるい」
そう感じたことはないでしょうか?

実はその現象は「食べ過ぎ」が引き起こしていると考えられます。

そこで今回は、なぜ食べ過ぎがだるい原因となるのか?を
食べ過ぎによる疲労を回避・回復するための食事方法と合わせて紹介します。

 Sponsored Links


食べ過ぎてだるい・疲れる・・・その原因は?

食後に「だるい」「疲れた」など疲労感や倦怠感を覚えるのは、
体が必要としている以上のものを摂取している状態。

つまり食事を食べ過ぎてしまっていることによります。

 

なぜ、食べ過ぎがだるさなどに繋がるのか?
まず1つめの原因は「必要以上のエネルギーを摂取している」ことにあります。

通常、体内にエネルギーを補給できると元気になるものですが、
だるい・眠い・疲れなどを感じる場合は、体の中で不必要なエネルギーだったということになります。

 

2つめの原因は「消化不良」です。

食べ過ぎにより胃で食べ物を消化しきれず腸に運ばれることで、
老廃物がたまりやすくなり体に倦怠感として現れます。

 

そして3つめは、日頃から食べ過ぎで常に休みなく胃腸が動いていることで起こる
「胃腸の機能低下」が原因であることも考えられます。

内臓も筋肉の1つです。
休みなしで動いていると疲れてしまいます。

 Sponsored Links

食べ過ぎの倦怠感を回避・回復する食材選びのポイント

食べ過ぎてだるい・疲れるなどの疲労感は、胃腸への負担が少ない食材を選ぶことで回避または回復させることができます。

ビタミンを摂取する

人間に欠かせない三大栄養素は、タンパク質・脂質・糖質です。

これらをエネルギーに変えるのに必須の成分が「ビタミン」、その中でも特に「ビタミンB群」の摂取は欠かせません。

体内でエネルギーを作れない疲労に繋がるため、三大栄養素とともにビタミンは積極的に摂取したい成分です。

 

おすすめの食材は豚肉
タンパク質と同時にビタミンBも摂取できます。

他にも、活性酸素を取り除いてくれる「ビタミンC・E」なども、
内臓機能の低下を防ぐことに繋がるためおすすめです。

食べ過ぎによるだるい・疲れなどを回避・回復させるためには、
ビタミンを多く摂取できる野菜をたくさん食べると良いでしょう。

ミネラルを摂取する

肉体的・精神的疲労を取り除く作用がある「ミネラル」
不足すると疲れやすくなると言われています。

体内では4%程しかない成分だからこそ食事で積極的に摂取したい食材です。

 

おすすめは、わかめ・コンブ・めかぶ・もずくなどの海藻類。
様々なミネラル同士が協力し合いながら代謝を補い疲労を回復させてくれます。

食べ過ぎによるだるい・疲れなどを回避・回復させるためには、
少しずつ色々な種類のミネラル食材の摂取がおすすめです。

刺激物は摂取しない

「体がだるい」「疲れを感じる」という時に、
辛いものを食べて元気を出そうという方も少なくないでしょう。

辛い刺激物は、食べているうちに物足りなくなってきてしまい、
食事をより辛くしていく傾向があると言われています。

 

しかし辛いものは胃腸にとっても刺激物。
余計に体のだるさや疲れに繋がっていってしまいます

倦怠感を回避するためには刺激物である辛いものを
食べ過ぎないようにすることが重要です。

もし疲れを感じている時は、
消化に良い胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。

 Sponsored Links




だるい原因「食べ過ぎ」ないための食事のコツ

食べ過ぎによってだるい、疲れるという症状を引き起こさないためには、
食べ過ぎないよう日頃の食事で注意が必要になります。

うっかり食べ過ぎてしまったということがない様に
食事をする時のコツを紹介します。

 

まずは、1日の始まりである朝食

朝はしっかり食べるべきと言いたいところですが、
食べ過ぎで疲れているところに無理をして朝食を摂取してしまうと、
余計に胃腸へ負担がかかってしまいます。

 

そのため疲れている時は果物を食べたり野菜ジュースを摂取するなど、
軽めに抑えておきましょう

特に前日食べ過ぎてしまった場合は、朝食を抜いたり軽くすることで、
胃腸を休ませてあげることができます。

 Sponsored Links




 

そして胃腸が常に動いている状態にしてしまう間食は、
できるだけ控えることがおすすめです。

なんとなく、つい間食でお菓子を食べてしまう方はあまり食べているという意識がなく摂取してしまっているケースが多く、だるい・疲れるといった不調に繋がりやすくなります。

 

食事は十分におなかを空かして摂ることが、
だるい症状を引き起こさせないコツとなります。

もしもおなかが空いてしかたないという時は、
胃腸に優しいヨーグルトなどを摂取すると良いでしょう。

 

さらに、あとは寝るだけという夕食は、
腹八分目で摂取することが望ましいと言われています

多くの人が夕食に一番カロリーの高い食事を摂ってるかもしれませんが
活動する時間帯ではないため食べ過ぎてしまうと胃腸が働き、
だるいという倦怠感を引き起こします。

 

少し足りないくらいがちょうどよいので、盛り付ける量を減らしたり最初に取り分けておくなど、食べ過ぎないように注意しましょう。

 

 

また、だるい・疲れるなどの原因となる
血糖値の急上昇を抑えることも食事をする時のポイントです

食事をする時は野菜など食物繊維から食べ、
1口につき30~50回よく噛んでから食べるなど、
ゆっくり食事をすることがポイントになります。

そうすることで満腹感を得やすくなるので、
自然に食事摂取量を減らすことも可能です。

Sponsored Links

コメントを残す