ぎっくり腰の症状が出る期間と治療期間!運動できるまでは?

                         058192

腰に急な痛みが走るぎっくり腰

軽いものから重いものまでがありますが、
腰のねん挫とも言われています。

 

ぎっくり腰の症状や治療期間とはどのくらいでしょう?

出来れば早くこの痛みをなんとかしたい!

今日は、ぎっくり腰の治療などの期間について
お話していきたいと思います。

 Sponsored Links


軽いぎっくり腰の症状や治療期間は?

ぎっくり腰も強い痛みが起こる前に、
前段階があるものです

症状としては、若干の痛みや、
腰の張りや熱といった腰の不調や違和感

日頃の長引く腰の緊張状態や無理な体勢、
急な運動などで筋肉疲労が蓄積している状態だと
すでにぎっくり腰予備軍の状態です。

 

軽いぎっくり腰というのは
つまり前段階で、情報もとても少ないので
病院に行くべきかどうか悩むところと言えます。

また、治療期間は個人差がありますので、

おかしい?と思ってから、すぐに対策をすれば
酷くならずに治癒できるものと言えます。

ぎっくり腰の応急処置に効くツボや薬は?
 

腰の痛みを覚えたときの行動は、
その後、ぎっくり腰の引き金にもなります

そうした作業などは控え、
腰を真っすぐにせず横向きで膝を抱える様な体勢で
就寝や横になることをおすすめします。

 

他には湯船に浸かる事も控え、
シャワーなどに留めておくこと!

事前に食い止め、
重いぎっくり腰に発展させない様にしましょう!

 Sponsored Links

ぎっくり腰の症状が続く期間や治療期間は?冷やす?温める??

個人差があります。

ぎっくり腰を発症してから3日程度
痛みが強く、動くのも困難を要します。

 

4日目程度でようやっと痛みが多少緩和され、
椅子に座ったりという行動も楽になり、
コルセットをして少しだけ歩けるようになります。

 

治療期間としては
およそ1週間~10日程度

腰は温めず、冷やすと痛みが緩和します

ぎっくり腰から運動を始めれる期間はどれくらい?

ぎっくり腰の完治期間や、
その後の調子にもよると言えます。

とかく、こうした期間ははっきりしないもので、
個人差が伴うのであくまでも目安です。

 

ぎっくり腰を発症してからコルセットを着用し、
歩けるまでになるには6日程度

発症から10~14日程度でリハビリ
出来る状態にまで回復する方もいらっしゃいます。



 

腰に負担のかかる運動は治ってから
徐々に始める様にした方がよいです

それも急に始めるのではなく、
しっかりストレッチなどを行い、
短時間から始め徐々に増やして行くと良いでしょう。

 

ぎっくり腰は1度起きるとクセになるので、
完治した後も気をつけてください。

また、ぎっくり腰を再発させないよう、
腰回りや背中といった筋肉を鍛えるなども有効的です

 

重い物を運ぶ時などは、

急激に腰に負担がかかる様な体勢で
持つのはくれぐれもご注意を・・・。

 

Sponsored Links

コメントを残す