マーガレットの色別花言葉!意味や由来は?匂いが変で似てるものは?

                         a0005_000314

さほど派手ではなく、どちらかといえば清楚で
風に揺れる姿は純真無垢な少女の様・・・

マーガレット

愛らしく、多くの方に好まれている花ですね。

古くは花びらを1枚ずつ
「好き・きらい・・・」と占った

・・・なんて方も中にはいるのでは??

今日はマーガレットの花言葉などについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links


マーガレットの花言葉の意味や由来は?

マーガレットの花言葉は
全般で言われているのは

・恋占い
・真実の愛
・信頼
・心に秘めた愛
・誠実

 

恋占いは「好き・嫌い・好き・・」と

花びらを1枚ずつ散らしながら占う
恋占いの花として使われる事から来ています。

また、マーガレットはギリシャ神話に登場する
女神「アルテミス」に捧げる花であった事から

女性が求める最高の幸せとして

「真実の愛」「誠実」

という花言葉がつけられたと言われています。


 

「信頼」に関しては明確ではありませんが、

真実の愛には男女
互いの信頼関係があってこそ!

そこから来ているのかな?と思いました。

 

また、花の名前の由来はギリシャ語で

マルガーリテス=真珠という意味
ここが語源になっています。

 

和名は「木春菊(モクシュンギク)」

葉の形を見てみると同じキク科の
春菊に似ている事より由来しています。

年月を経たマーガレットの株は
地際の茎が樹皮の様に茶色くゴツゴツした
感じになることから”木”がつきます。

 

アフリカ西海岸・カナリア諸島原産の花を

フランスにて園芸用に改良した花で、
「パリス・デージー」という英名もあります。

 Sponsored Links

ピンクや黄色など色別のマーガレットの花言葉は?

マーガレットは白いマーガレットが代表的ですが
ピンクや黄色・赤といった色もあります。

そしてそれぞれの色にも花言葉があります

ピンク 真実の愛

黄色 美しい容姿

 

赤色のマーガレットは
古くよりあるマーガレットよりも

新しい色に分類されている事から
全般で使われている花言葉と同じとされています。


 

ピンクは見たまま愛らしさを
感じさせる色からも想像が付くと言えますが、

黄色のマーガレットは白いマーガレットには無い
華やかさがあります。

また、黄色は太陽を象徴する色
とも言われています。

明るく素敵な笑顔の女性に見立てると納得ですね。

 

マーガレットの開化時期は?似ているけど匂いが変な植物もある!?

マーガレットの開花時期は案外と長く、
10月~翌年6月頃です。

実は非常に見た目がそっくりなのに、
匂いがとてもよくない花があります

 

ノースポールという花で、同じキク科です。

開花はマーガレットと
似た時期で12月~翌年6月頃。

匂いは人により様々ですが、
強烈なチーズの匂いなど顔をしかめてしまうほど。

 

しかし見た目は非常に可愛らしく
冬場のガーデニングなどで楽しむ方もいらっしゃる様です。

Sponsored Links

コメントを残す